toggle
2010-09-04

■西洋占星術〜例えば私の場合

西洋占星術。生まれたお誕生日から見るものです。

例えば・・・吉田は6月生まれの双子座。お誕生日からはよく雑誌やテレビなどでありますよね。このお誕生日星座は「自分自身」または「自分の目標」だったりします。

双子座の場合は度数にもよりますが、基本知的好奇心のかたまり。あっちこっちの勉強会に行っては、でも飽きっぽくてとか。人間関係も軽く浅くだったりとか。本読むの好きだったり,たくさんの情報を扱うのが好きとか。そしてそれを伝えるのが得意。双子座サインはこんなイメージ。

支配星は水星、ギリシア神話のヘルメスです。銀のサンダルはいて天上界から地上まで自由に、風のように行き来する。商業や旅の神様でもあります。

ここまでは双子座生まれ全般なのですが太陽が他の惑星のからんでいる(関係を持っているとでも言いましょうか)と太陽の意味がいろいろかわってきます。ここから占星術詳細の話になるよ。

金星なら
「太陽の人生目的が楽しさというのが加わるのね!」

木星なら
「太陽の人生目的がイージーな感じで広がるのね!」

土星なら
「太陽の人生目的がけっこうキッチリやろうとしてるのね!」

・・・・・・のように味がつくわけです。

私の場合は太陽と冥王星がからんでいます。これは

「太陽の人生目的をとことん徹底的にやらないと気が済まないのね!大変だね!( ̄Д ̄;;」
みたいな感じでしょうか。

お誕生日の太陽だけでも、そこからいろいろな味つけがついているので、個人個人でかなり様相が違ってくるわけですね。あなたの太陽はどんな味付けがされているでしょうか。

 

関連記事