toggle
2009-09-13

タロットの9枚引きのやり方

1、9枚で読むタロットスプレッド

私がタロットや占星術を習った人は松村潔氏なのですが、松村氏はこんなスプレッド考えています。これはあまりやってる人は少ないと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

画面を9マスにわけて、位置情報を決め、絵や立体、写真、人体オーラまですべて解読できる、「ライフシンボル」の考え方をタロットに応用しています。

スクリーンショット 2015-05-23 14.44.47

という意味がついています。

「特にないんだけど見てもらいたい~~」というメンテナンス具合を見るのに良いです。全体のエネルギ-を客観的に把握したいときに見るのです。

そこがその時間のセッションテーマだったりします。なので例えばボディワークされてる方が施術前のコミュニケーションに、タロットの9枚引き使ってお客様と話しをするっていう使い方もオッケイでしょうね。

ただ9枚だとちょっと多かったので、以前使っていた時は、最初裏側に並べておき、お客様には裏のまま気になった場所3カ所ぐらいを選んでもらって、その3枚で読んでいました。

占星術を詳しい方であればすぐ応用できますね。

例えば・・

左上:天王星・水瓶座=タロット正義
未来のために人とは違ったユニークな考えで決断する。というような意味になるでしょう。

 

お客様の占星術ホソロスコープを参考にしながらやると、かなり詳細な話ができるのではないかと思います。

大アルカナで展開するタロットリーディング 実践編/松村 潔

¥2,940
Amazon.co.jp

関連記事