toggle
2011-02-09

街の占い師がなぜコーチングを学んだか

1、占い師がなぜコーチングを学んだか

私はアメリカに土台のあるCTIというところのコーチング養成機関で学びました。しかも資格も取るというところまであえてしています。

なぜ占い師なのにコーチングを学んだかというと・・占い師になって数年、占いハウスで仕事をしていたときに、お客様の傾向で気づいたことがあったのです。

恋愛運をみてください・・・というお話が、「今いる彼に他に女がいそうです・・・・」という話になってくると、「そうなんですこのあいだも!」というわけでお客様は延々と「不安」を訴えてくるというパターン。

仕事運をみてください・・・というお話が「今いる家を出ないとうまくいきません・・」という話になってくると「そうなんです!このあいだも・・・」というわけでお客様は延々と「やりたいのにやれない」という「焦り」を延々を訴えてくるというパターン。

占いのお客様は占いの結果ではなく「マイナスな感情にさいなれて思考パターンも後ろ向きのスパイラルにはまっている私の気持ちをどうにかしてくださいよ!!」というパターンが比率的に多いと感じたのです。

このマイナスな感情を自分で処理できる方法がないと、永遠に占いハウス通いになってしまうということです。

もちろん占いハウスの営業としてはリピーター様が増えるということで、それがいいんですけど、待てよ、おかしいじゃないか。と思ったんです。

この感情のパターンから脱却するメニューを提供できたほうが、良いに決まっているだろ!!!と、うっすら?感じる日々が続いていたのです。

そんな当時、私は友人のコネで研修会社でバイトもしていました。その会社にすでにコーチングを学んでいる人が数人いるような「学び」に関して前向きな雰囲気だったと思います。

それで友人が「あんたのタロット占いとコーチングっていうのは本当に似ているから、あんたはコーチングをやったほうがいい」と言ってくれて、そのうちその友人の上司でもあるコーチングを学び中のお姉さまも「そうだそうだ」言い出して、ランチの時に焼肉屋で二人に説得させられたということがありました(笑

でもうっすら思っていたことだったので、やっぱりそうか・・と思い素直に従ってみた・・という流れでした。

あとは「占い師」という肩書きだけだと、胡散臭く見られることもある風潮ですので、何か公的な資格が欲しいと思ったというのもあります。

 

2、占い師がコーチングをやって変わったこと

まずは参加して世の中には素晴らしい人が、いっぱいいるんだなぁと、世界が広がりました・・・・。

衝撃だったのは、ワークショップの間のデモコーチングで、ファシリテーターの人がクライアント役の人の感情をわきたたせるために、個人的にはびっくりするぐらいの関わりをしていって、クライアントの方が、感極まって泣きだしてしまったことです。大泣きでした。感情を見せる場面で日常ではあまりないことだし、びっくりしてしまって。

ビジネスのコーチングではなく、圧倒的に感情を揺さぶる心理カウンセリング・・でした。ここまで感情を動かしていく関わりって、どういうことなのだろう・・!!??

占いはこちらから情報を伝えるだけだけど、コーチングってここまで深く入り込んでいくんだ・・・・・。あっけにとられてしまいました。

これはあとから学びを深める上で、やっとわかってきたことなんですけど、クライアントさんが完璧で素晴らしい存在ということを信じているからこそできる行為なのですね。

コーチングと名前はついているけど、心理的な感情、身体的な感覚、直感を使うほうが多いセッションです。

私がコーチングを資格の勉強中、なかなかコーチングがなかなかうまくならなくて占試行錯誤していたんですけど、あるときあるコーチに「自分の録音を聴いて自分のコーチングを客観的に実況中継しろ」と言われて腑に落ちたことがありました。

私は話しすぎてる。

コーチングの違いとして明確にわかったのは「コーチングはこちらから話をしない」ということでした。

そこまでがんばってしゃべらなくても、クライアントさんの感情の動きと共に、自分が透明の筒みたいになって一緒にいることで、クライアントさんのエネルギーに変化が起こっていく・・・・。

これが私が大きく変わった点です。セッション中に時間いっぱいしゃべることが大サービスと思っていたこともありましたが、占いはそれでもいい。でもコーチングは違う。沈黙は相手の感情と一緒にいることだということがわかり、それを恐れなくなりました。

3、私の占いとコーチングの融合スタンス

西洋占星術の良いところは、自分の今のバイオリズムがわかること、自分の個性や可能性がはっきりわかることです。

またタロット占いは感情や裏の考えをなかなか意識しにくくなっているクライアントさんへ気づきのイメージを与えるツールでもあります。

この二つは歴史も長いものだし、占い師としての出発地点なので、私にとっては重要なツール。そしてその土台としてコーチング的な関わりを持っているというのが私のスタンスです。

コーチングではその人の感情を動かすような質問や、未来への展望、そして具体的なワクワクするような挑戦の行動・・というようなことをいろいろ聞き出していきます。

コーチングって知らないと多分あまりさりげなさすぎてわからないかもしれません。

恋愛問題等はコーチングで、解決できるようなものでもないので、占い面を重視していますし、その人の質問内容によってその融合度合いをいろいろ変えています。

 

 

 

関連記事