toggle
2011-01-08

タロット占いのコツ11 主題は何?

1、展開したらおおまかな主題をつかみましょう

3枚引きでもヘキサグラム7枚でも、そしてケルト十字でも、「大事なカード」というのがあります。(78枚全部使うことで考えます。)そこから主題のあたりをつけておきます。

私の見るときに「大事なカード」として見る基準ですが

1、大アルカナ(22枚の絵札)
2、小アルカナの同じ元素
3、たくさん出ている同じ数字
4、ない元素カード
5、大アルカナ特に0愚者
6、逆位置カード

これらをまず見て行きます。ケルト十字みたいに10枚だしてそのうち、大アルカナが1枚だけだったらその意味と場所は強調されますね。

大アルカナの中でも愚者の位置は大事だと思います。そのときによって動きがわからないカードなのでこういうときはこう出る!っていうように書けないのですが気をつけて見ています。

また大アルカナが少なければ少ないほど、どこにでていてもこの質問のキーカードになるでしょう。キーカードは主題です。

また小アルカナでは、例えばカップばかり出ているなら「感情」に関する事が大事だということがわかります。

また4元素が「拮抗」することは大きなテーマになりやすいです。心の葛藤を表しますから、火VS水とか、風VS土とか、エネルギーの対比は明快に言葉にしておくと良いでしょう。また出ていないカードも考えましょう。何が不足しているか?ということを考えられます。

またたくさん同じような数字が出ていたならその数字の意味も強い意味になります。数字の意味はとてもシンプルなので数秘術などの本も応用して自分なりにまとめておくと良いです。

逆位置は今このままだとうまくいかないポイントですからチェックしますね。

2、最後のアドバイスカードと対比させてピンと来るカード

アドバイスカードは最後によく使いますね。結果が悪い場合に良い方向へ行けるヒントをもらったりします。あと一歩意味が知りたい場合もh

3枚引きだったら4枚目をアドバイスカードを引いたりしますよね。ヘキサグラムでも1番下をアドバイスカードにしたりしてますよね。

でもこれだけを単独で読まないでもう1枚、大事なカードを探すんです!これがすぐに見抜けたら、あなたも立派なタロットリーダー!(*^o^*)2枚で読んでみる。やってみてくださいね。

 

関連記事