toggle
2009-10-06

タロット占いのコツ6 直観ツールとしての読み方

1、タロットは直観のトレーニングである

さんざんいろいろなところで書いていますが、タロットは直観のトレーニングになります。

私は名刺のデザインもしていますが、アイデアがイメージとして浮かびやすくなりました。ふと浮かぶんです。ほんとふっとした拍子にです。

学生時代、デザインの課題でいつもアイデア出しで「うんうんうなって」超苦労していたことを思えば、なんとスピードが出るようになったことか・・・!

タロットをするプロのイラストレーターさんも仕事が楽になった!って言っていたので、共通するんじゃないかなーと思います。

そしてタロットを直観トレーニングツールとして使うには左脳よりの頭を休ませなばなりません。

左脳よりの頭脳とは・・・・・

2、左脳重視の頭脳とは・・・・

学びの方法というのは、昔は親方から真似して時間をかけて技術を得ていました。

でもスピード命の現代社会では、タロットすらも座学で頭だけで短い時間で技術を取得するのが学びというように置き換えれらてきています。

タロットはどちらかというと、親方からいろいろなものを見て真似していくような、音楽やスポーツタイプの学びで定着すると思うのですね。そして親方っていうのは思想や人生の生き方とかもすべてだと思うわけですよ。

タロットも伝承していく文化だと思うしね。。。。

そういうのがわかってないで、ただ座学だけでやろうとすると「正しい」答え「正しくない」答えという教科書的なものになってくる→そうするとつまらなくなってくる→やる気なくなる→読むのがつらい・・・という人を何人か、私はタロット練習会でお会いしたことがあります。

こんなに面白いタロットリーディングがなんでつらいの??!!!とまったく驚きだったのですが、「正しい回答」を出せないとその学校を卒業できないらしいので、知らず知らず学校という権威に従ってつまんねぇ読みになっていくわけです。

タロットと権威は、もっとも関係ない世界だと思うのですけどもね。

権威を大事にすると、上から評価される人生になってしまうので、タロットの読み方も、その人らしさが死んでしまって、生き生きしていなくて、ああつまんねぇ読みだなーーってなるんです。まるで人生の生き方が型にはまって、つまんねぇって感じてしまうのと同じように。

正しい回答があるって思っちゃうのが左脳的な頭脳って思っておいてください。

3、タロットの直観をひらめかせる右脳全開の頭脳とは

正しい正しくないはとりあえず脇においておきましょう。

1番の右脳全開のやり方はイメージをする力を引き出すことです。これは呼吸法とリラックスで、自分の感覚に焦点を合わせていくことだと思います。

体の感覚、ふとわきでる印象、感情、音、色、匂い・・そういう感覚から入ってくるものが右脳的です。

幼児の教育で有名な七田研究所のページを見ていたところこんな記事がありました。

https://www.shichida.co.jp/office/c1-1_gaiyo.php?p=3

右脳は、潜在意識脳で脳の深層意識に通じる回路を持っています。左脳には、深層意識につながる回路はなく、脳の表層意識にとどまり、人間の深い潜在意識とはつながりません。
繰り返しで完全記憶が育つと、それは右脳の意識で使いこなせる能力となって、出力されるようになるのです。

なんと右脳だけが潜在意識とつながれるということなんですよ!!!!!右脳で読むと深い人類の過去の記憶領域にもつながれるということだと思うわけです。

タロットを読む場合、左脳が最も入らないのは、タロットをふせたままで読むっていうやり方です。

これは私の親方にやらされたことがあるのですが、そのときはたくさんの人前だったので恥ずかしくてカーッとなってしまってまったくわからなかったです爆

私の読み方も自分で録画チェックしてわかったんですが、けっこう浮かんでくるものを言葉にしています。

 

3、タロットで直観とひらめきをトレーニングしていくと

タロット占いで直感、ひらめき、をトレーニングしていくとどんなことが起きるのでしょう?

私は最高に良いタイミングをつかむということにつながると思います。

「今これをやれ!」

っていう指令がはたらくみたいです。

タロットをすると人生が大きく変わるのは、今動くとき!とかの理由なきメッセージが人生にどんどん入ってくるからかもしれません。

 

 

関連記事