toggle
2010-09-02

◆西洋占星術との出会い

私は中学校の時の、占い&おまじない雑誌からはまっているのです!!エヘン!

名前は「My Birthday」という雑誌。占いの内容もあるんですが、銀座のどこそこのケーキ屋さんや、清里のペンションなんたら、みたいな内容が田舎の中学生にはまだマブかったですw

当時は毎日のふたご座の星占いをよく見ていましたが、その雑誌はちょっとオタクな記事も載せていて、数秘術だの、誕生バイオリズムだの、ピラミッドだの、自律訓練法だの、前世だの・・・・私けっこうオタクな記事好きだったんですよね(爆

もちろん本格的な西洋占星術のさわりの話もありました。自分のチャートが見たくてみたくてしょうがなかったので、自分で作ってみたりしたのですが、これが正しいのか正しくないのか判断できる人が、いなかったんですね、当たり前なんだけど。

そのうち、その雑誌がまたマニアックに「PCで出生チャートを出してくれる全員プレゼント」をしてくれて小躍りして、申込みました。

チャートが郵便で届いた時の嬉しかった事!!

それ以来、ずーっと傍らにチャートがあります。自分のチャートを知るために、占星術を勉強してきたっていう感じなのです。ただ年齢を経てくると、経験からわかってくる事も多いですかね。

特技。熱狂。目標。課題。運命。受容。快楽。変革。技術。感情。ビジョン。いろいろな切り口で自分というのがわかってきますよ。

 

関連記事