toggle
2017-01-17

サビアンシンボルの10個をイメージで読む その4

1.サビアンシンボルの10個をイメージで読む その4

サビアンシンボル10個でその方のイメージを読む・・その4。Sさん。

太陽が魚座26度でなかなか解釈難しい「影響を分割する新月」です。一つの種を多彩に発展させていくような度数かと思うのですがどうでしょうか。

下側3枚が、細かい丸いような形がいっぱいですね。(左は丸太の断面、真ん中獅子座はおたふく風邪のウイルス、右は魚座20度の夕食のテーブルのお皿・・・)太陽の意志を、とてもとても細かいものに分割しているような気がします。というかSさんデータ解析得意な人だったりします・・・。

左側上から射手座0度、火星魚座30度、水星水瓶座28度。

魚座30度も不思議な度数かと思います。私は岩場の上にいる小さい人物がまた地球に戻るのか・・奈落の底に落ちようとしている瞬間にしてみた。ドライな岩場から血湧き踊る地球の体験の世界に出ようとしている。もう後には引けない。

水星もノコギリで切られてしまった。もう後にはひけない。これから実際の役立つ場面に出ようとしている。

土星は「荒廃した家の中で燃え盛る暖炉」です。昔忘れられてしまった知識をまた改めて熱く燃やそうとしている。左上の元軍人も暑苦しそうですし、獅子座月の爆発的な伝播力でそれを地上に広げている感じ。

右上、海王星「玩具の馬に乗っている小太りの少年」
右真ん中木星 「ヒヨコに餌をやり、鷹から守る女」
右下金星「夕食のために用意されたテーブル」

左は超ドライな感じですが右側は人を育て大事にしていく姿勢があるような雰囲気ですね。

細部から大きなものへ、大きなものから細部へ・・・と行き来するダイナミックなエネルギーが真ん中上へにあるような気がします。

 

サビアンシンボルをイメージで10枚読み

関連記事