toggle
2012-07-04

シェアすることと、しないこと〜みずがめ座と牡牛座

私は大昔、デザイン事務所にいたのですが、当時は「写植」という技術が100パーセント。印刷するときに文字を写真製版してたのですね。といってもなんのこっちゃということでしょうが。

ま、文字を売ってる会社があってほぼ独占していたのです。

当時はちょうどDPT(ですくとっぷぱぶりっしんぐ、パソコン上でページのレイアウトや本が出版できるよっていう最初の呼び名)が流行り始めた頃でしたが、私がいた事務所はまだ手書きと切り貼りでした。写植も同じマンション階下の写植やのおじさんとこに行って、お願いしていました。文字扱うってほんと時間かかるもんだったんですよね。

その後私は、心身ともに疲れ果てデザイン業界から撤退したので、あまり業界の栄枯盛衰は知らず過していました。

数年あとにその文字を売ってる独占していた会社があまりよろしくないことを新聞で知って、ええ〜〜!ってビックリしました。だってあんなシェアしていた会社が!って驚きますわね。

調べると、文字をDTPの波に乗らせなかったのですね。美しい文字をオープンにもっとみんなが普通に使えるようにしなかった。今までの技術を手放さなかった。というような雰囲気です。

これはまさにみずがめ座の、みんなに公平に新しい技術をシェアしようよ!っていう部分と、おうし座のかたくなに自分の技術を守ろうとする、対立そのものだなぁと思いました。もちろんシェアしないで技術を洗練させたまま保持するっていう良い意味もありますよ、おうし座には。

でもこれこれをうまく混ぜ合わせた方の会社が今主流になっている。

私はこのことから「シェアするって大事だな」って思ったのね。独り占めしているとだめになるんだなって思った。当時は海王星も水瓶座にあったし、テクノロジー発達!っていうのは時代的にもあったわけですけども。こういう対立がおこったらどっちかに確定しないで、2つをひとまとめにする努力はしたほうがいい、と思っておりますよ。そうやって創造っていうのは起こるから。

 

3894430548_0f5a557d9d_n

by Robert S. Donovan

 

 

 

関連記事