toggle
2013-01-19

鎌倉とアンティーク

4日に今年はタロットの結びつけの話しを書くといいながら、1月も後半になってしまいました。

いろいろ新しくやりたいことがボツボツでていまして。来週はそんなわけで鎌倉あやしいオトナ遠足下見という面白ツアー行くんです。

鎌倉にいたころは日々仕事の場だったので、あまり深い歴史も触れず、毎日毎日いっぱいいっぱいになっていました。お寺とかはぜんぜん詳しくなかったし。今改めて歴史みるとやっぱり血なまぐさいよね。あやしいなって場所はやはり妖しい歴史があって・・・.

私の中で鎌倉という土地は「お客さんの家」「持って行ったアンティック商品」で結ばれていて

あの西御門のお宅に、サイドボードを持ってた・・その家の坊ちゃんに運ぶの手伝ってもらった。
あの稲村のお宅に、激重量サイドボードを持ってった・・・オレンジジュースおいしかった。
あの大町のお宅に行ったら鏡台の足がとれて(にかわが乾いてとれちゃったのね)玄関先まで行きながらあわてて店にもどって修理した・・・・
あの二階堂のお宅にアンティック時計のベルトもって行った・・・
あのお宅に紅茶茶碗を持ってたら小切手でお金くれた。。。。
あの材木座のお宅にはあのばかでかテーブルを納品した・・・大変だった(汗

ちょうど8年前の今頃、閉店の整理をしていて、この時期になるといつも思い出す。

file0001372359562

 

 

関連記事