toggle
2009-05-12

タロット占いのコツ2 22枚の通しテーマを把握せよ

1、タロットカード22枚通しの絵のテーマはこれだ

タロットカードというものは、「潜在意識と顕在意識、両輪での意識の使い方の図」だと思ったきっかけは、自分で真似っこしてタロットを描いたから思ったんです。

タロットカードの0愚者から5教皇ぐらいまでは、ユングのいう「元型」ってかんじで、肖像画のように一人一人カードに収まっているのだが、それ以降、描くものが増えた!こりゃどういうわけなの??と思って描き続けて最後に「ああ!これは!」とわかった感じです。

だっていつも二つのものが出てくるんだもの!
例:6 恋人
タロット占い鑑定では、「調和」とか「相手をみて合わせていく」とか「マッチした関係性」とかまーとにかく環境と私がうまくやっていける様子・・・です。


図柄を考えると、左右の女性は顕在意識と、潜在意識。左が潜在意識って感じする。右は外にむかっていくほうだから、右は顕在意識と考えてみました。意外とこの左右は画面を向かってみるか、画面を背負ってみるのかでかわってくるので、何とも言えないのですけど。

その2つを使いこなそうとするビギナー、が真ん中。天使は真ん中のビギナーを狙っているんです。ビギナーに矢が刺さったら、これ以降続くタロットゲームのはじまり。0から5で自分のベース、持ち物の特性を確認したのでそこから先へ進めるのです。

タロットゲームは「私」がいかにその顕在意識と潜在意識を使いこなして行くかの、ロールプレイングゲームともいえるでしょう。

 

 

関連記事