toggle
2013-10-13

西洋占星術のドラゴンヘッド

西洋占星術のドラゴンヘッドは前世からの魂の方向性という解釈をしています。

このドラゴンヘッドは太陽と月の交差点です。過去と未来が交差するポイント・・・。

心理占星術だと月という欲求を太陽という未来の力で叶えて行くという考え方ですね。なのでドラゴンも太陽と月の交差点ですから、大事なアドバイスポイントではないかとも考えています。

ピクチャ 2

そしてドラゴンヘッドはドラゴンテイルと二つの軸ですね。180度向かい合わせの位置にあり、テイルはもう前世で既にやりきったこと、と考えています。

軸は筒みたいなもので過去であるテイルからヘッドにエネルギ−が吹き込んでいて、そこから現世で展開するんじゃよ!!!がMohan Koparkerという人が書いてました。

なのでどういう過去のエネルギ−が来てるから、今回の生はこういうことを大事にするっていうこと二つを大事にするといいと思っています。

対抗サインのエネルギー循環はとても大事なことなんじゃないのかなと思うわけです。

私のドラゴンヘッドは水瓶座にあり、15度。水瓶座でございます。前世は獅子座ということですね。獅子座と水瓶座の二つの共通していえるのは強烈な個性の確立というのがテーマ。

違いは、獅子座は自分をもり立てることにエネルギ−を使っていたということでしょう。自分が脚光を浴びていた感じ。

でも水瓶座は他人とともに、他人のエネルギーにスポットライトを当てる・・・みたいなことが違いだと思います。

一人で舞台に立ってソロでスポットライトを浴びるか、混声合唱団みたいに集団でしているかという違い。

あと、この二つのサインは「最も人間らしい」サインだと思うのよ。固定宮おうし座さそり座は人間の生殖とか体に関係しているけど、それだけだと「動物と同じ」みたいになってしまう。獅子は人間らしく遊び表現していくし、水瓶座は未来を考えるんだよ・・・

ちなみに水瓶座の有名人は・・・・

現代アートの村上隆氏はみずがめ座強烈配置で獅子座天王星が効いてる配置です。

村上隆氏は、ルイヴィトンなどとコラボしたり、ベルサイユ宮殿で作品展示したり、エッジが効いてとんがったアーティスト。でも若い人を発掘したり、若い芸術家のお祭り(GEISAI)とかやったりされています。

また自分の作品制作のための工房では若い方がたくさん制作のお手伝いをしていたりもしているようです。

ここから水瓶座のイメージ湧いてきますね。

水瓶ドラゴンヘッドは、みんなと新しい未来に向けて、より自由に生きるということ・・。

とんがるとかなり破天荒な感じになるし、今までの保守勢力にはいやがられることもあるかと思うけれど、物怖じしないで世の中に革命を起こすしていくのでしょう。ドラゴンヘッドがそこにあるということはそういうことも太陽と月の交差点という融合ポイントですから意識できると良いということだと想います。

 

 

関連記事