toggle
2012-06-04

金星に憧れて ヴィーナストランジットに思う

6月6日金星が太陽の前を横切る天文現象があるそうで、最近のアクセス解析も「ヴィーナストランジット意味」みたいなのがべらぼーに増えています。こんなマニアックな現象がみんなに広まっているというのも、宇宙に気づくためには素晴らしいことかもしれません。

私は金星期の年(16歳から24歳)には高校卒業後ですが、予備校で絵を毎日描いて、夜は飲みにいくことを覚え、友達のうちを転々としてました。父にはあまりに家に帰ってこないので「フーテンのトラちゃん」と言われているぐらいだった。たのしかったんですけどね。これまさに金星時代。

このスタッフサービス派遣会社の広告が一時期、今時の金星ギャルたちの様々なことがわかって面白いです。

「好きな言葉は定時退社」はまさに金星気分ですわね。楽しければいい のよキャピキャピ!」みたいな時代です。そして成長するにつれて「金星だけでは生きてけない」ということを学んで行くわけね。

でもオトナになりすぎるとこの金星を忘れてしまいがち。あの時代「かわいくありたい!」と必死でmcシスターのかわはらあやこさんを見ていた時代を、もう1度!と金星時代をとうの昔に過ぎた世代に、空の金星は言っているような気がするんです。

 

 

 

 

関連記事