toggle
2013-04-17

鎌倉遠足その2

鎌倉に再び行ってきました〜〜!よい天気できもちよかったです。

新緑の中を歩いて、衣張山に行ってみたかったのです〜〜。天音なおみさん、三上牧さんと行ってきました。

コースを選定していただき、素晴らしいイタリアンをチョイスしてくださったのは天音さんで、今回の旅の解説者は三上さんって感じでございまして、私は御二人に先導されて行ったような感じ??もあり??

鎌倉の地図でいうと右側の山のハイキングコースを歩きました。杉本寺の前あたりから入って衣張山を通り、名越の切り通しあたりまで。天音さんが「鎌倉世界遺産地図」というのを持っていて、その地図に、「やぐら群」と「仏性寺」というの名越あたりにあり、それを見てみましょうか〜ということに。

衣張山の眺め最高です!

写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この道はやはりお墓(やぐら)が多いところなんですが、名越あたりまで来ると火葬場があってそれを下に眺めながらの道でございます。今回は「メメントモリ(死を忘れるな)」みたいなテーマって感じもしたんですけど・・・。

 

 

写真02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもキモチよい道で、良い雰囲気の残るポイントもありました。

やぐら郡は立ち入り禁止で金網ごしから眺めたんですが、仏性寺の場所がわからずじまいで、そのまま大町の住宅街に降りてきて「あれ?仏性寺ってどこかな」ときょろきょろしていたら、通りがかったおじいさんが「どこへいく!?」と呼び止められました。「仏性寺どこですか」って聞いたら「その寺は逗子の方で、戻るとある」みたいなことを言われて、きた道を引き返したのです。

 

説明爺さんっていうの・・?こういう人が現れたら、まだミッション完了でないようなので、ぜぇせぇ言いながら登り道をまた登っていたんです。
かな り戻って、ようやくたどりつけました。小さいお寺で人もほとんど来ないような場所なのに、ここが実に実に実に、素晴らしく気の良いところで。驚いた。逗子 が遠く見えます。日蓮宗のお寺さんでした。

 

 

写真05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名越切り通しです。なかなか味わい深い場所。

写真03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それからまた戻って長勝寺と、イタリアンレストランのある妙本寺へ行きました。両方のお 寺に「目からビームが出そうな」日蓮の像がドカンとありまして、妙に存在感がありましたです。

三上さん情報だと長勝寺の日蓮は高村光雲がつ くったそうで!

 

写真06

 

 

 

 

 

 

 

お昼は素敵なイタリアンランチ。美味しゅうございました!フッォカチャがこんな美味しいお店ははじめてです!!前菜からホワイトアスアパラのパスタ、そしてデザートと、満足でございました。今度は5000円メニューを堪能しに来たい。

そしてここは・・・1998年に私が版画の個展をした元ギャラリーの場所でもありました。内装はとっても変わってましたけど、当時喫茶店+ギャラリーのお店だったのです。原点回帰した感じでございました。うーん。

その後三上さんリクエストで妙見信仰の石碑を見に行きました。これはなおみさんの素晴らしいリサーチ力のおかげであります。あんな西御門にあるなんてねぇ驚き。

写真08

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はたまたま2月に東京で「北斗七星」のマークの榊神社にたまたま連れていかれていたので、「おお〜鎌倉でもあるのかぁ」と静かに感動しておりました。昔も今も北斗七星は同じ配置で空にあるのだなぁと。「妙見大菩薩」の上に七つ星が刻まれております。星を見る者にとってはなんとなく嬉しい信仰だったりします。

今回なんとなくで直観で場所を選ばさせていただいたのですが、偶然で意外な点が線になり、面白い旅になりますな。楽しかったです!

 

 

関連記事