toggle
2009-11-30 | 16 塔

16 タロット タワーな出来事

1、外側からやってくる衝撃を伴う出来事=タワー

311の地震がなんといっても今まで生きてきた中での私の「タワー」な出来事であったと思います。天災、思いもかけない衝撃的な出来事。

私は鬱一歩手前まで行ってしまって、相当参っていました。(ところが、前もって、あの3月後半はヒーリングを習う予定にしていたので、ヒーリングしてもらったりして、無事に日常に戻れましたけど・・・・)

タロット ウェイト版タワー

今までの信念体系がぶち壊された・・・という意味です。今までの安心安全であった世界がまやかしで、本当の国と国民の関係がどんどん浮上してきている。

水や空気や住んでいる場所に対する気持ちの変化。

いろいろな意味で、生きるひっくり返った気がします。考え方や思想においての立ち位置の大きな変化という意味になります。

まったく違う世界が、2011年からはじまっているのですね。西洋占星術でもそんな流れです。

これをもうちょっと日常に落として考えてみると、いつもいる場所が変化する→引越し、会社の移転、会社の組織変更、左遷、転勤などになります。

何かが終了するという意味なので、思いもよらない方法でも終わり方全般です。恋愛、仕事などすべてにおいて、このままでは違った方向へ行ってしまうというタロットからのメッセージと思っておきましょう。

変化をすればうまくいくこともあります。

 

 

 

2009-10-12 | 16 塔

タロットで見る人間関係の引き際

1、引き際のスタイル をタロットで考える

人間関係、恋愛関係の終わり・・・その時どんな終わり方をしますか・・・

しつこく別れないで!と懇願しますか?それとも「もういいや」とあっさりしたもんですか?大けんかしますか?それとも自然消滅ですか?

タロットカードにはいわゆる「終了」や「終わり」を意味するカードがあります。それは死神かタワーになると思います。

タロット ウェイト版タワー

タロットウェイト版死神

死神はマルセイユ版だといつも鎌もってますから、自分ですべてぶった切ります。これは自分で自分のしたことを整理しています。腹すえて、今までのやってたことを刈り取っている。

一方、タワーは外界からの意外な一撃で終わらせる感じです。だから動揺が激しくなるのはタワー。

なのでこの2枚が出た場合は終わりになるのですが、ずるずる続くか、それともさっぱり終わるかは、他のカードや小アルカナなどの出方で、変わってくると思います。

諦めきれない場合は、ストーカー的になる場合は、カップが多いか、または悪魔、吊られた男。

さっぱり終わる場合は、ソードが多いか、21世界、10運命の輪。でも悪魔やカップも多い場合は刃物持ち出し事件ぽくなります。

自然消滅の場合は、曖昧という意味なので、18月。

 

2008-08-06 | 16 塔

タロットタワー16 見張り台からずっと

今日は何を書こうかなと思ったら、U2の 「All Along The Watchtower (見張り台からずっと)」・・が突然思い浮かんじゃいました。私はアイルランドのバンド、U2で初めて聞いた世代です。Watchtower・・・・見張りのタワーなんですよねぇ。 英語

訳見ると、これは作詞したボブディランが「16タワー」パスワーキングしたみたいな歌詞ですね。

ちなみにパスワーキングというのは、カバラの思想で生命の樹という図像があるのですがそれとタロットの世界と結びつけたイメージの旅のことです。

これは特別なことでもなくて、例えば世界地図をみてハワイのあたりを見れば「ああ〜〜〜〜マウイ島いきたいな〜〜」と想像したりするでしょう、そんな想像することを、もう少し深めて、向こうの世界へ旅をする。

具体的にはそれぞれのタロットカードを眺めて、頭にやきつけてから、そのイメージに入り込みます。カードと仲良くなればなるほど、豊かなイメージ世界へ旅することが出来るようになります。

話もどって、この歌詞、崩壊寸前のタワーという感じがすごくします。いつも周りに見張られている、窮屈なタワー。内部反乱、何か起こりそうな予感・・・・・。

見張り台というのはいつも周りを警戒して立っている。「何か未来的に事件があるかもしれないから」存在しているのです。ボブディランの塔は、なんだか搾取されてて、つまらなそうで、突然ぶっ壊しそうなんですが、まだ崩壊していない、そんな塔。

ボブディラン、ジミヘンも歌ってますけど、最も「16塔」ぽいのはU2という感じが私はするなぁ〜。