toggle
2011-03-09 | 7 戦車

2頭を飼いならす タロット戦車

 

1、戦車は行き先を決めないといけないカード

タロットウェイト版戦車

昔まだタロットを習っていたころ、みんなでタロットのパスワーキングをしたことがあったんですが、このカードについては私の記憶だと、ただ単純に走り続けるようなそんなイメージを見てる人が多かった。

なのでこのカードは単純でストレートな様子を表していると思います。ウェイト版では蟹座というサインが対応しているけど、私は射手座っぽい感じするんですよね・・・。

ただ走るために走っている・・・。そんなイメージもあります。

昔「湾岸ミッドナイト」という漫画がありましたが、この主人公たちは、ただ走ることそのもののために、生きているような・・・そんな登場人物が描かれていました。

主人公は、高校生で、車大好きな男の子です。周りは「なんでそこまで走ることにのめり込む??」みたい反応なんですけども。

主人公の男の子はは戦車そのものです。

こういう究極までいかないと、気が済まないエネルギーは、目的地を決めないと、勿体ないですね。

 

 

2、2頭の馬(ウェイト版だとスフィンクス)の個性はなんだろう

馬を扱う人は、二頭の馬の個性をよく知らねばならないのであります。

馬車に乗ってる王子が「これから遠い距離を行くんだよ」と言ったときに

「遠くだからいろいろ景色が見れる!嬉しいなぁ」と言う馬と
「遠くだから疲れて道中大変なことになる!いやだいやだ」と言う馬。

だと思うわけです。これは人間の二元性の考えそのものの世界を表しているとも思います。

でも、王子の行き先は実は馬が握っている。二頭の馬をどう飼いならすかは王子の腕次第だったりするのでありますよ。

 

 

 

 

 

2011-02-23 | 7 戦車

目標と意図 タロット戦車

1、目標と目的を別に考える タロット戦車

いろいろな夢を叶える方法がありますが、私はアファーメーションを朝晩、ふとぼんやりしているときにも、言っているやり方を続行しています・・

一心不乱にそれを行動している様子はタロットの戦車というイメージです。

でも、このときに「目的と目標」をごちゃごちゃにしていると、戦車は誤った目的地へ着いてしまうのですね。

目標・・・DOING(行動)

目的・・・BEING(あり方)

 

目的は「仕事が早くできるビジネスマンになりたい」

目標は「いついつまでにこれを完了させる」

みたいな感じです。目的のために目標が細かくたくさん作っておくと良いですね。

戦車のカードは目的地へ行く「移動できる変化できる」パワフルなエネルギーです。パワフルすぎるので、うまくつかえばとっても早く目的地へ到着しますし、間違えて使うと、ぜんぜん違うところへ行ってしまう・・という差が激しくなります。

タロット戦車のときはお客様にどんな目的と目標があるか聞くとよいと思います。それをしっかりわけて考えましょう〜!

あなたの馬車はどこが目的地?そして何をしに行くの?

現実を作る時も同じです。何をしにいくために、どんな場所に行くの?

 

2008-09-13 | 7 戦車

戦車に現れる タロットは潜在意識と顕在意識の使い方の図

タロットは潜在意識と顕在意識、両輪での意識の使い方の図であるというところから、各カードをみていこうと思います。

今日は「7戦車」

タロットウェイト版戦車

ここにも2頭の馬が走っております〜。2頭の馬は潜在意識と顕在意識。それがまだ仲良くなくて、中央の御者が必死に操ってる奮闘カードといえそうです。まだ馬の特性を把握しておらん。馬それぞれの特性を把握し、同じ方向へ行かせる。うまく馬車が動かせると次のステージへ行けるのだ。

占いの鑑定では、これがでると、目的に向かって行動できますよとか、パワフルに一直線に動けますよとか。あとこのあいだ「財布はどこでしょう」っていうので、これがでて「車!」と思ったんだけど、やっぱり車の中に置き忘れてたというのがありました。

そいえば、もう10年以上前、シアトルから成田へ帰る飛行機の席の隣が、「俺はホーストレーナーだ」っていう、すっごい人懐っこいアメリカ人のおっさんだったことがあった。なんでわかったかというとデジカメの撮影したものをいっぱい持っていてしゃべり好きだったからです。

ワシントン州のど田舎に住んでる彼は、初日本行きが嬉しくてしょーがなかったみたい。

馬の仕事で仙台へ行くと言っていた。彼はデジカメ写真を指差しながら、馬のことを私に「あーだこーだ」といろいろ説明してくれたのでした。

あと機内でらせんだったか貞子?だったか、そういう当時流行ってた怖い映画がやってて、でも彼は爆笑しながら見てたので、思わず「でいすいずフェイマスジャパニーズホラームービーだよ」って言ったら「ほんとか?」とさらに爆笑してたのはなぜだろう。

あまりにこのフライトで仲良くなりすぎて、日本に到着前に「日本への入国管理カード」を配られたぐらいですぜw

私は英語があんまりしゃべれないんだけど、とてもコミュニケーションできた感じだったのは、おっさんが普段、馬とコミニュケーション出来る人だったからかなと思います。

これはいわゆる言語以外のコミニュケーションが慣れてるからだと思うのね。上手だった。引き込まれる。あまり神経質にならず、分析的にならず、大らかな感じで。
馬を扱うには馬になめられない、人間的な器の大きさも必要ですね。

2008-09-07 | 7 戦車

タロット 7 戦車

スクリーンショット 2015-06-09 15.34.26
wiki 戦車競争より

 

昨日は タロット7戦車みたいに、つっぱしっていました。
お勉強会に出席してました。朝9時半から7時まで1日わーーーっとやらされておりました。アメリカの人が講師で、ノリがよい。出席者も外国の人がけっこういて、発言がすごおい多い。フレンドリーな雰囲気で面白かったです。

内容・・・は「リモートビューイング」です!!リモートビューイングはテレビでFBI捜査官マクモニーグルという人見た事ありませんか。あれです。遠隔透視ってやつ。でも私は捜査官でもないのであんなすごいものは遠隔透視しない。っていうかできないですけどね。
でもあの能力を開発するのではなく、どれだけ、素直に情報が流せるかという話で、誰でもできるものだと言ってました。直感を研ぎすますというか。その1瞬に集中するって、訓練だなって思います。
さて直感っていうのは、タロット占いに限らず、生きる上で必要なツールだと思う。人生って「選ぶ」っていう場面多い。でも迷ったりしても、ほんとは自分が1番知っているんですよね。タロット占い鑑定で、お店に来られるお客様はご自分で答えを知っている。

その答えを確かめにいらっしゃる方が多いです。答えへ踏み出る一歩のお手伝いができたときは、私もほんと嬉しいです。
直感を研ぎすますには、その1瞬の間にどれだけ入り込めるか、もしくは、潜在意識と顕在意識の架け橋といかに意識できるか、よけいな思い込みをいかに排除するか、というところなのかなと思います。

潜在意識から情報もってくるっていうレベルではパスワーキングも、タロット占いも、リモートビューイングも結局全部同じ事してると思います。
タロット7の戦車は一直線にある方向へ向かうパワーは炸裂です。ちょっと単純だけど、まぁいいじゃん!っていう明るさがあると思う。二頭の馬は潜在意識と顕在意識なんて言ったらリモートビューイングそのままです〜!

私の戦車は、荒野のちょっと間抜けなガンマンのおっさんです。能天気な人です。昨日はくたびれたのだけど、寝たら回復しました。今日も戦車な日になるのだ。