toggle

自分を縛る思い込み タロット吊るされた男

1、タロット吊られた男を心理的に読む

タロットウェイト版12つられた男

吊られた男は縛られて自由でない状態です。

心理的に読むと、あなたを縛るものは何か・・・・というのを聞いてみたくなるカードです。

「ねばならない」と思い込んでいるようなこと。親や社会の常識。その人の間違った価値観になっているもの。周囲のカードがそれを指し示すこともあります。

または心の自己防衛のパターンなども気になります。

自己防衛は子供の頃からの考えのパターンです。傷つきたくないからエゴが納得するような「言い訳」です。

 

2、吊られた男は犠牲精神の象徴でもある

占星術の対応だと、海王星が対応していると考える人が多いと思います。海王星は夢やビジョン、見えない世界、曖昧さなどを表します。

そして犠牲という意味もあります。全人類のための奉仕を選んでしまいます。自分の個人的な生活は二の次なのです。そんなことから吊られた男のカードは「自分が犠牲になっている」などの意識もあるかもしれません。そこからイメージを広げると「被害者意識」などにつながるかもしれません。

誰も、被害者になりたくないけど、何か心の思い込みで「私は被害者でなくてはいけない」とかいう思い込みもあるかもしれません。

このカードはお客さんに深い質問をしていくと良いカードだと思います。

 

 

 

 

 

タロットつられた男=アンドリューワイエス

1、タロット吊られた男の具体的イメージ

アンドリューワイエスという画家に注目してみたいです。(1917〜2009)はアメリカの画家です。先日亡くなりました。

タロットウェイト版12つられた男

私が高校生のとき、初めて用賀の世田谷美術館へ見に行った作家なのです。中学校の教科書に載ってて素晴らしい絵だな〜〜と。それでずっと気になってて、お友達と二人で初めて東京の美術館へ行った記憶があります。

スクリーンショット 2015-06-11 16.34.42

ワイエスのHPより

ワイエスはテンペラという中世の技法を使ってリアルな絵を描いています。。水彩の作品もとてもかっこいいです。

題材はアメリカの田舎の自分の家と、別荘、やその周辺に住む人たちを描いてる。そして漂うのは虚無。孤独。枯れた感じ・・・・。

それで、実際のワイエスの住んでいる町の写真を見たことあるんだけど、私が思ったのは「何にもなくてつまらない場所」って感じだったんですよね・・・。こんなところがよくあんなドラマチックな絵になるなぁと。

ワイエスにとっては、濃い感情がしみついた場所だからこそ、見る人がドッキリするような心をざわめかせる絵になっているんだと思います。

この人の絵のイメージは、タロットでいうと、12の吊るされた男+9隠者かな。

籠って自分の中の虚無を風景を通して眺めている。描きながら瞑想してそうな感じ。ちなみにワイエスは幼少のころ病弱で、学校に行けなかったそうです。

話もどって、ワイエスの画集で「ヘルガ」という画集があります。近所のヘルガという女性をずっと書き続けたものなんですが、ヘルガのシリーズはずっとアトリエにしまいこまれてたみたいです。まぁ内緒で描いてたらしいんだな。

吊られた男は手の内を見せてないんで「秘密」っていう意味も私はつけているんだけど、この内緒の絵を描いていたことも吊られた男ぽい。

240点ぐらいの作品数・・・・・・作家とモデルの密室的関係の濃い感情が、そのまま描き出されていてですね・・・・・・・・・

あまりに濃くて、くらくらしちゃう1冊であります。

タロット1枚引き占い 吊られた男を考える

リモートビューイングをやったり、タロットのパスワークとかやったり、ちょっとやり過ぎて、普段以上に潜在意識と深くかかわってくると、こちらの器以上の波がどっぱーんとやってくる時があります。私が今多分その波かぶってる状態かもしれないなどと思って、この感じはタロットでいうとどんな?と思って、タロット1枚占いしてみました。
そしたら「12 吊られた男」・・・。なるほど〜〜〜!って思った。

 

 

 

 

 

 

 

 by ヨシダユミコ アクリル画

現実面では身動きとれない状態。今の私は潜在意識パワーにとっつかまってる感があります。ここ通過しないと、次ステージに行けない感じなのです。あと集合無意識っていうののパワーみたいなのにからまれている感じもする。巨大な波なのでこれはこの波に乗った方がラクそうだ。

前もヒプノセラピーのようなことをしたとき、こういうざわざわ感がありましたが、ここ最近、またあのざわざわ感をあじわっています。心の奥の深い蓋がまた開いてしまった・・あけちゃったよ・・・・。
開けると、結果的にはすっきりするんですけどね。そこまでのプロセスは人それぞれ。大なり小なり、山あり谷ありという感じになりやすいかと思われる。

でも、まだまだトレーニング続けなくちゃね!とノー天気に思っているのです、そこらへん自分でどうなのよって思うんだけど。