toggle
2009-11-02 | 潜在意識と直観

潜在意識とのつきあい方

1、潜在意識との付き合い方

tree-738816_640

人間の心の世界ほど自由なものはないはずなのに、自分で透明な檻に入ってしまっていることがあります。

その檻は潜在意識・・・。それはあなたを必死で守ってくれているのですが、それが違った方向へ出てしまうことがあります。

あなたは過去、哀しい思いをしていませんか?
あなたは過去、恐怖をあじわったことはありませんか?

そういうときに潜在意識はあなたを100%かけて守ってくれます。あまりにつらいと記憶とばしたりね・・・。

哀しかったら、もう2度と、その哀しい思いをしないように・・・
恐怖だったら、もう2度と、その恐怖を味わうことのないように・・

自分を正当化し、それは正しかったんだ!というような考えの枠をつくるのです。でも大人になってある程度状況を把握していても、似たような場面で、その「正当化」の考えに無意識に縛られるということもあります。

本当は現実化したいのに現実化しない場合・・・

例えば

彼が欲しいのに、なかなか出来ないとかいう場合・・・・・。

そういうときは「彼氏いらない」と潜在意識に言っているようなものです。そして過去を振り返ると「彼氏いらない」という思い込みを作った悲しい出来事があって正当化がはじまり、そのまま「正当化=自己暗示」にまんまとひっかかっているのです。

最近のスピリチュアルブームで、過去の原因から考えることが一般化してきましたね。たいてい親子関係からはじまる思い込み、自己暗示からいかに自由になれるか、が大事ということだと思います。

 

2、自己暗示をうまく使いたい

人間ほど自己暗示にかかりやすいならいっそそれを使ってしまえ!という「アファーメーション」にはまっています。

アファーメーションはポジティブな言葉を使って自己宣言をすることです。毎度毎度、言葉にして聞いていると、無意識領域で刷り込まれていく・・・ということです。

ネガティブばっかり言っていると、ネガテイィブな人生になるだろうし、ポジティブばっかり言っていると人生も明るくハッピーになる。でもこのポジティブシンキングも曲者で、潜在意識からそれがはっきり良いと信じていないと、ぜったいにかなわないので、そのあたり「本当に私の考えからきているか?」ということはよーーーーく考えていたほうがいいですね。

願いや自己暗示の文章を書いて、眺めて、自分の感情反応をじっくり観察すると良いですよ。ここの文字までは平然としていて、やることに揺らぎはない、でもここから先がどうもイマイチ心から楽しめない!場合はあれこれ試行錯誤して自分がワクワクする文章に練り直しましょう。

潜在意識パワーをどうやったらうまく使えるか、考えることもとっても楽しいしそれでどんどん現実化していったらさらに面白いですよね。

 

 

 

2008-11-06 | 潜在意識と直観

直感力というのは・・

スピード、早さが勝負かと思います。1瞬の直感の中には、あらゆる情報がたたみこまれている。3次元の時間の流れを無視して、ぐりぐりっと押し込まれる感覚です。リモートビューイングやタロットたくさんやると、この感じつかめてくる気がします。
直感って、例えば「よくわからないけど、そういう感じがする」とか「今はこっちのほうが、損しそうだけどいい」とか、そういうものです。でも顕在意識はなかなかそれについていけない。いろいろな自分のとらわれた思いがあるから。
直感を選ぶ時点だと、なんで自分、これを選んでいるのか、さっぱりわからないときが、私の場合多い。それが唐突で突飛すぎたりして、顕在意識は躊躇する。
その唐突で突飛なことを、実際やってみると、「ああ、こういうことを体験したかったんだな・・・・・・」って思ったりする。
人は何かいろいろなことを体験するために、ここへ来てるんだなと思う。
そこでおこる感情の波っていうのを見つめるため・・・・なのか?

cupcakes

2008-09-11 | 潜在意識と直観

リモートビューイング 潜在意識の旅

潜在意識の世界では、物事に名前はつけられない。

なぜなら、こちらよりはるかに流動的で、1瞬1瞬うつりかわっていくからだ。名前をつけようと思っても次の瞬間、そこには違う様相になっている。
凝固するとそれに名前はつけられる。そこで分裂が起こる。
潜在意識と顕在意識をもっと近くにするためには、イメージ言語を、もっと自分の中にとりれなければならない。潜在意識の世界を泳ぐために、あらゆる感覚、あらゆる感情、それらを知り感じることが最も必要。
英語を話す国へ行ったら、英語でコミニュケーションするように、潜在意識の世界へ行ったら、感覚、イメージ、感情でコミニュケーションする。密なコミュニケーションをするならば、英単語やボキャブラリ覚えるように、様々な感覚、イメージ、感情を自分の身につけよ・・・・・・。

そこで顕在意識へ翻訳するっていうのが、また難しいのですが。
潜在意識の世界は上下左右、時間の軸が消滅する。ここで自分をうまく旅させるかというのは、ある意識の持ちかた、ある焦点のあてかたにかかっているように思えます。やっぱり自分の横と前と上下、という意識っていうのが大事なのかもなぁ。方向っていうかベクトルっていうのが大事なんだと思う。
チャンスの女神は気付いたら通り過ぎてたって言うでしょう?イメージの前の段階の部分に注意力が増すと、気付いたらちょうど前を通ったので、「あそことあそこ、お願いしますね」と言えるようになる気がするんですよねー。言ってみたい。言ってみたい。
そのためにリモートビューイングを練習って大事だと思います
もちろんタロット占いもそこらへんビシビシ鍛えさせてくれてますよ。

a1400_000368

2008-09-08 | 潜在意識と直観

リモートビューイングの本当の狙いは

1,リモートビューイングとは

リモートビューイングとは遠隔透視といわれています。今ここにない遠い場所のものや未来を察知するというものです。有名なところではマクモニーグルという人がいます。

失踪人探し、犯人探しなどをやっています。

サイキックパワーてこういう人だけのものではなくてみんな持って生まれてきてるのですよ。その直感力は時代とともに衰えていっている。昔は死と隣り合わせの人生でしたけど、ものが豊かになると、ギリギリに研ぎ澄まされた直感を使わなくても生きれる時代になりましたからね。

 

2、リモートビューイングの実際

私が習ったのは封筒に入った写真を透視するっていうのでした。延々と二日間朝から晩までずーーっと透視していたんですw

イメージを見るのではなく「知覚」するということだそうです。最終的にはどんな写真が映っているかということではないみたい。スパイ活動としてのリモートビューイングは、その写真にうつっている建物は何か、とか、どんな武器があるのか、とか、危険なものはありそうか、など、写真以外の情報をダウンロードしなくてはいけなかったわけですから。

私この講座ではじめてマクモニーグルが、ちょー細かい、地図を描いてるの映像でみたけど、この人多分、敵の極秘情報の最新兵器の図面とか見てただろうな〜〜〜って思ってしまいました。

これやってみて、何が大事かというと「自分の思い込みを通さず透明な意識で、直感を拾えるかどうか」なのです。何かみる!って意気込むんじゃなくて、これは私の思い込み?という問いかけをずーーーっとしているような感じなのです。

潜在意識からの情報を顕在意識にわかるためには、「私」というフィルタを通さねばならない。でも「私」が邪魔すると正確な情報はどうしてもゆがむ。純粋なままどれぐらいダウンロードできるかっていうことでした。判断しないという姿勢が大事みたいです。

私の場合、すっごい細部にとらわれてしまいがち。写真がサンマ漁の水揚げがあったんだけど、「白いうろこ状のもの」が、ちょっとあたってたのはあった。でもこれ残りの90%書いてるものは見当はずれなんです。
だからイメージがでても、そしてその前の状態でキャッチしても何が正しくて、どれに焦点あてればいいかわからなくなって、あらぬ方向へ行ってしまうんですね・・・・。

どうしても人間の知覚は、意味不明のものを早く形にして安心させたいみたい。ゴールにすぐ行きたがる。リモートビューイングは永遠のプロセス状態が続くと言ってもいいかもしれない。潜在意識からやってくる「イメージ」をいかに名詞におとさず、色、形、におい、エネルギーなどの状態で冷静に観察、描写できるかどうか、であります。
でもこれがまた難しいのです。変なところで絶対頑固だし、でも見たもの、聞いたもの、人の想念なんかにもすぐ影響されたりして、なんとあやふやなものを抱えて私たちは生きているのだと思ってしまう。
リモートビューイングって何の役に立つの?って言われたら、日々の直感力が増しますよ、というところでしょうか?即断即決、だらだらしない。

自分の日々の意識状態が、どんよりしないで、リズム感がでてきて、決め時、勝負時、の決定力が増すような気がします。瞬時の決断力はタロット占いでも鍛えられる。

潜在意識と顕在意識をいったりきたりという行為が、その2つの間を縮めて行くのだと思います。

5552754412_902007a0e5_n

by Matthias Rhomberg