toggle

タロットの4つの精霊スプレッド

1、タロット4つの精霊スプレッド

これはオリジナルなんですけど、4元素との対話をタロットを介してするっていうスプレッドです。特に年間占いとか、スペシャルな冬至とか春分とかそんな日にやると良さそうです。

スプレッドのイメージはこんな図像から考えました。

ソロモン王木星の護符

http://www.sacred-texts.com/grim/kos/kos28.htm

これは木星の護符ですが、この形をイメージして十字形にカードをおきましょう。左側から時計周りに9時の位置、12時の位置、15時の位置、18時の位置、そして最後に真ん中をおきます。

1番目 火の精霊とどんな1年になりますか?

2番目 地の精霊とどんな1年になりますか?

3番目 風の精霊とどんな1年になりますか?

4番目 土の精霊とどんな1年になりますか?

5番目 来年の運勢一言メッセージ

これやるには、まずは部屋を清めて、インセンス焚いて、魔術儀式みたいな感じではじめてください。

そして大事なのは前もってイメージの瞑想の中で南と北、東と西の存在に一礼してお願いしておく。が必要ですので1度瞑想して、その4方向にいる存在にお願いしておくと良いみたいです。天使と縁がつよければ天使がでてくると思います。

東西南北と4元素のつながりは東:風。南:火。西:水。北:土です。ここから、その世界の象徴するブツを実際置くもっといいでしょう。1番目の東は手作りするとなお良いらしい。ウェイト版の魔術師のカードに4つの道具がおいてありますが、あれですね。

なのでこのスプレッドはチャネリングちっくな感じです。タロットも大元はチャネリングみたいなものですけどね。

 

タロットの9枚引きのやり方

1、9枚で読むタロットスプレッド

私がタロットや占星術を習った人は松村潔氏なのですが、松村氏はこんなスプレッド考えています。これはあまりやってる人は少ないと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

画面を9マスにわけて、位置情報を決め、絵や立体、写真、人体オーラまですべて解読できる、「ライフシンボル」の考え方をタロットに応用しています。

スクリーンショット 2015-05-23 14.44.47

という意味がついています。

「特にないんだけど見てもらいたい~~」というメンテナンス具合を見るのに良いです。全体のエネルギ-を客観的に把握したいときに見るのです。

そこがその時間のセッションテーマだったりします。なので例えばボディワークされてる方が施術前のコミュニケーションに、タロットの9枚引き使ってお客様と話しをするっていう使い方もオッケイでしょうね。

ただ9枚だとちょっと多かったので、以前使っていた時は、最初裏側に並べておき、お客様には裏のまま気になった場所3カ所ぐらいを選んでもらって、その3枚で読んでいました。

占星術を詳しい方であればすぐ応用できますね。

例えば・・

左上:天王星・水瓶座=タロット正義
未来のために人とは違ったユニークな考えで決断する。というような意味になるでしょう。

 

お客様の占星術ホソロスコープを参考にしながらやると、かなり詳細な話ができるのではないかと思います。

大アルカナで展開するタロットリーディング 実践編/松村 潔

¥2,940
Amazon.co.jp

タロット 展開法 ヘキサグラム 

1、タロット ヘキサグラム7枚引き

ヘキサグラム、は6角形。あなたと誰かとの相性を見ます。

人間の悩みは「自分」と「環境」の摩擦でおこります。私と夫、私と姑、私と上司、私と部下・・・・・・世界は私と私以外でてきている・・・。不思議なもんです。

そこで価値観が衝突したり、失って虚無感を感じたり・・・・・様々な「間」があるから、苦しんだり、悩んだり、喜びがあったりして、人間は大きく変容していくんですね。

このスプレッドはこのお悩みを解決しやすい読み方でまとめられると思います。私はこればっかりやっていました。これを出す時には「相手」をはっきりさせますから、質問者の方も「何について私な悩んでいるのだろう?」と思うきっかけがつくりやすいです。

 

2、タロットの過去、現在、未来を見る

 

上の数字はカードの出し方の順番です。

ヘキサグラムの①番目は「過去」を意味しています・・とよくタロットの本には書いてありますね。

 

 

ちなみに過去は因果関係の因を表していると思います。「過去」が全体の流れを決めていると思っています。大事な1枚です。

0、愚者などがでると、「この質問、そもそも意味ないよ!」という読みもします。ほんとにこの人はその問題に悩んでるのか?と、愚者から言われているような感覚です。本当はほかにもっと深い悩みことがある・・というような指示になります。

2の現在は今の状況です。今質問者がどんなことを考えているかがわかります。

3は未来。タロットはおおまかに3ヶ月ぐらいの予想だと思います。これは問いの答えではなく、質問者の人生の大きな流れと考えています。回答は相性がどうなるか?です。別個に考えていきましょう。

 

3、ヘキサグラムの大事な読み方ポイント

そしてアドバイス4番目はあとに回して、先に相手と本心を見比べてみましょう。どんな対比があるでしょうか?

相手はこうだけど、質問者の本心はこう・・というような対比でお話がつくれますね。

このようにヘキサグラムは結果カードを中止にして対になっているカード、横どうしや縦どうしなどの対になっているカードも考えて読んでみましょう。

1枚1枚を拡大するのではなく、全体をまんべんなく感じるのです。そうするとまた違ったインスピレーションがやってきます。

例えば①と④。過去とアドバイスカード。

①は2、女教皇。④は9、隠者です。

両方とも、内面の探求、お勉強にむかっています。真ん中軸①と④が似たような雰囲気ですね。アドバイスと過去があまりぶれていないので、矛盾は感じてないみたいだな?と読んだりします。

ヘキサグラムは全体を比較検討して読みやすい展開なので私はとてもよく使います。

 

 

 

タロットのスプレッド1枚引き

1、タロット1枚引き

タロット占いは、何枚かの展開方法がありますね。

1、1枚引き
これは1枚から奥深く話を引きだす方法です。イエスかノーかという時に引いたり、ここぞ!というヒントが欲しい時に使います。

初心者の方は毎朝起きてカードを引くといいと思います。今日はどんな日?占いです。テレビのより当たるよ!意味を勉強していない方も、勉強した方も引いたときの感情を味わってくださいね。

感情を味わうことが大事です。

また、1日ふりかえって、カードが象徴してたことはあったかな~?と振り返りをしてみましょう。どちらかというとこっちのカードだったな〜という記録もしておくと後から意味付けがしやすくなりますね。

こういう象徴世界に繋がりはじめると、現実世界はどんどん変容してゆきます。

毎日タロットを見ることで無意識にあファーメーションをしているようなものではないかとも思うのです。

しかし1枚引きは私はほとんどやりません。なぜってそれは、そこで時間が静止しているように見えるからです。1枚だけ読むのは音楽でいうとドレミの「ドー」という音だけで曲を作るような感じがして、正直難しい・・・・。

曲は一つ一つの音から全体ができています。タロットも同じことで、異なる音がまじりあって豊かで響くストーリーが紡ぎ出されると思うのです。

 

タロット スプレッド3枚引き

1、タロットのスプレッド3枚引き

3枚になってくると、起承転、、まで行くのでお話になりやすいです。4枚目引いて、アドバイスカードとして読んだりします。

過去、現在、未来の3枚スプレッド

1番多いパターンかもしれませんね。恋愛や仕事など今後どうなっていきますか?という問いによく使います。未来がよろしくないカードの場合は、4枚めのアドバイスカードで対処法などを聞きましょう。過去は何年前とかいう時期ではなく、因果関係の根っこだと解釈してください。

自分と相手とその相性の3枚スプレッド

自分がどんな様子で、相手がどんな様子で、相性は結局どうなの?という時に使います。相手は人間でも抽象的なものでも使います。相性は「今の相性」としてみて、もう1枚今後の未来としてひいてもよいと思います。

相手は本人にとってどういう相手か?相手はどんなことを思っているか?など多面的な解釈をしています。

 

また3枚は様々に応用できます。時間軸と合わせると簡単にできるでしょう。

*哀しみ、原因、対処方法。
*状況、障害、その結果。
*顕在意識と潜在意識、その融合点。

そのほかいろいろ自分であてはめみてください。

2者択一スプレッド

本人、選択A、選択Bというような出し方です。二つの選択に迷っている場合など使います。私はあともう1枚タロットからのヒントという意味で余計に1枚はひくことが多いです。

2、タロットの展開法を考えることは心の葛藤を考えること

展開法は質問があって成り立つものです。

展開法を考える時は質問者の「願い」のありかを、的確に考えていくことが非常に大事です。質問に出てこない側面をどれだけ把握できるかなのですよ。

恐れはなんだろう?

どういう未来を作りたいんだろう?

この二つの葛藤で占いを依頼されるわけですから、その色合いの違いを鮮やかに伝えられるスプレッドが良いというわけですね。たろ