toggle
2008-08-10

私の女教皇様 タロットパスワークから

 

 

 

 

 

 

 

 

by ヨシダユミコ

私が10年以上前に、タロットのパスワーキングしてでてきた女教皇は、すごくきれいで、急いでて、すっごーーーーーいイライラしていました。

信号わたっていっちゃったので、どこ行ったかわからないです。もうぶーたれまくってました。この絵ちょっとご機嫌斜めでしょ。

多分古い「女性性」を新しくしたいという願望がその当時あったんだと思います。その業務がうまくいってないので、とてもいらだっている。でも、空回り。地に足がまだついてない状態だったのだろうな。と回想して思う。

私の中の「女教皇」な部分は、昔からある、座って動かない女教皇でなく、せっかちで行動的な女教皇っていうのは驚きでした。

私は、女性性に対して、憧れとか想像とか理想とか、持てないみたい。それは私が男性でないからかな。このカード2という数字なので、ゆるやか、のんびりというよりは、2つの方向の緊張感を感じてしまいます。

あ、そうそう。最近この数字パスワーキングしたら、楳図かずおの「まことちゃん」が出てきました。私があることを考えたら、「おまえはなんておそろしいこと考えるんだ〜〜」みたいに私自身をものすごく恐ろしいものとして見るかんじで、言われました。 その国では大御法度なことを私が思ってからみたいです。

帰還する、何か通路を見つけるということを考えてたんですが、そこでは堂々巡りでいいみたいです。決定をよしとしない場所みたいでした。

パスワークは自分でやるといろいろな自分なりの意味が出てくるので、タロットやる人には最初にやるといいのではないかと自分の経験からいつも言ってます。

 

関連記事