toggle
2008-08-20

タロット3 女帝 豊穣の女神

タロットカードの女帝には、豊かに実る植物が描いてあります(ウェイト版)。穀物が豊かに実ることは、古の人たちの1番大事なことだったと思います。3女帝は、ギリシア神話などでいう穀物の神デメテル、ローマ神話のケレスという女神あたりが合う・・・・・・・なんて書くともっともらしい読みですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ceres Michele Pannonio.1450/60. Museum of Fine Arts, Budapest.
ルネッサンス期ですねぇ。こういう絵ってキリスト教の教えとか多いに含まれてそうで、ひとつひとつが重要な象徴だったりするんですよねぇ・・・・・。
この ceres様は、「豊穣」にしてはちょっと神経質な感じもしますね。イスの柱が、一つ手前の女教皇の柱にみえてきてしまった。ちょっと守り入ってない??
葡萄の木を左手に持ってます。イスの前には百合の花。母のどっしり感より、まだ若い娘、占星術でいう乙女座って感じもします。純潔とか・・・・・。ああ、百合ってそういう象徴でしたよね。聖母マリアに受胎告知の場面でいっつも天使は百合を手にしています。
私、この人のタカビーな感じ、ちょっと面白いと思いました。あまり女帝ぽくないです。女教皇と女帝の過渡期の人って感じです。惜しいとこいってんだけど。あの守りの柱をなくさないと女帝に行けないのだわ。外部の一撃。大事。

 

 

関連記事