toggle
2008-08-28

タロット悪魔 私が受け継いだと思われるもの

 

 

 

 

 

 

 

悪魔骨髀 2002年4月20日発行 著者 由木礼 発行者 悪魔骨髀研究会

 

アマゾンでは売ってないよ。
悪魔骨髀(あくまかるた)
私が版画でタロットを作ろうと思ったきっかけの、偉大なるカード。もう過去何度もブログに登場してます。この作者は木版画家の故由木礼先生です。写真はあくまかるたの解説本です。

 

由木先生は、銀座の老舗版画画廊、養清堂さんでも扱っているような木版画家だったのですが、いろいろな発明家でもあったしフランス語や英語も堪能だったそうです。

1番の発明は「由木ばれん」(ボールバレン)でしょう。木版画業界では有名です。ばれんは最後紙載せてこするときの道具です。昔は縄を依って、竹の皮で包んだものですが、竹の皮が破れたりして、手入れが大変。由木ばれんは金属の小さいつぶつぶがついているばれんなので、手入れいらず。

あとは万華鏡づくりに凝ってたそうです、色彩についても研究していたらしく、コマつくったり・・・・コマにいろいろな色を塗ってまわすと色がまじりますね・・あんなコマです。

突然「あくまかるた」という言葉ひらめかれたようです。生前、私があまりにかわったカルタの名前なので「なんでですか」と聞いたら、そうおっしゃってました。

この経緯は解説本にも書いてあります。このカルタの象徴は15種類、火、天秤、竪琴、剣、家・・・などで、普通のタロットではなくあくまかるた独自の世界観によるものです。

本によると、先生は『悪魔学の原点「Malleus Maleficarum」魔女の木槌1486年 』という本を手にいれて、具象化したとある。

で、それがどんな本か調べたら「魔女狩りマニュアル」らしい。
先生の悪魔という概念は、多分イデオロギーというものが、どれだけ人間を支配するかという話ではないかと思っています。

「言葉と論理が悪魔を生む」と最初のページの1行。

あと、解説本には「イメージを言葉にするこころ構え」のようなことも書いてあって、タロット占いをさせていただいている今、深くうなづいてしまうような、そんな言葉がちりばめられています。

なんで、こんな方に出会えたかというと、私の10年前にいたお店は、版画のギャラリーだったんです。

社長はこの先生に木版画を習おうと思ったんだけど、ここまでのアーティストにはなれないと悟り、ギャラリーをはじめたってポロッと言っていたんですよね。魔法をかけられたんだとも言っていた。それ聞いて驚きましたよね・・・。

 

社長も魔法にかけられギャラリーを16年経営してしまった。・・・・私も魔法をかけられてタロットという版画の世界に踏み込み、そしてあくまかるた、ならぬ「サビはんカード」とか言い出して、また消しゴムはんこ作品を彫ってる。それをカードで売ろうとしている。

本当に最近感じるんだけどこの版画クラスタからは逃げられない。

そうだとしたら、私をこの世に押し出してくれた版画クラスタ(魂の同じ仲間)の皆様のために、私は生きることにしたんです・・・・。

なので本気でカード文化を広めるというのが、私のやることなんだろうね。って思っています。継承というのは親でもなんでもない数回しか会わない他人からも起こるんだな・・・って思いますよ。

 

 

関連記事