toggle
2012-05-01

頭の中がまっしろで 節制タロット

私はブログを2005年からいろいろなところで書いてきています。まだ残っています。

かれこれ7年ブログやってるんですね。

最初は自分の身の回りのことを書いていた。いろいろ感情が揺れることも多く、ああでもないこうでもない、今読む子供っぽいセンチメンタルな世界をハズかしげもなくよう書いている。でも今読むと、心の色彩がある。いろいろ個人的に人生の出来事がたくさんあった時だから懐かしい。

そして。そのうちブログでお客様を集めないといけなくなって、アメブロでいわゆる集客のためのブログ講座などをうけ、個人的なことを書かなくなってしまった。

読者の人が役立つことを書きなさいといわれてたからね。なのでタロットのことを書き続けていたのだが。

当時は夜遅くまで、寝る時間を惜しんで努力してやるというのがデフォルトだった。そのブログの先生が体育会系で、寝る時間が少ないほど成功がやってくる、みたいな人だったのだ。

でも私の中では、いったいこれをどこまで続ければ、これが終わるの?という疑問をもちはじめたあたりで

311の震災にあった。

そこからいっきに心の方向が変わったように思う。

ブログを寝る時間を削ってまで書かなくなった。

そして最近は特に、心が揺れるとそれを観察するクセができているので、前ほど自分の感情にとじこもらない。

なのであまり彩り豊かな文章がかけない、ということに気づいている。

頭がよいのかわるいのか真っ白け。

タロットの節制のよう。

タロットウェイト版節制

 

 

関連記事