toggle
2011-04-02

タロット教皇

1、タロット教皇 表向きもっともパワフルカード

タロット2枚コンビネーション読み

教皇はキリスト教で1番エラい人ですね。クリスチャンの国でない日本人はあまりピンとこないものではないかと思います。私もクリスチャンではないので、本当の意味の凄さはわからないと思っている。

ただ私はバチカン市国へ行った時に、サン・ピエトロ広場を前にして「この広場埋まるぐらい、法王のお話には人集まるのか〜〜!!とスケールを見てびっくりしたことがあります。大昔から・・・・人を集めるこの仕組み・・いったいなんなんでしょうね・・・。

そして現在のローマ法王と中世の法王とは性格的に違うものだと思います。

私が持っている本に「中世職人づくし」という版画本があるのですが、中世の様々な職業が版画と詩とともに載っています。料理人から、仕立屋、紙すき、音楽家・・・・・その中で最初のページには「教皇」がのっているんですねぇ!!!

そしてそれぞれの職業の詩もあるんですが、教皇のには「異教徒をぶっつぶす!」みたいな過激なことが書いてあって、当時のキリスト教の絶対的な支配力を見せつけていると思います。

教皇
この世のありとあらゆる
心をにぎるのがこのわしじゃ
地上には 異端・異教がむらだち
これらすべてを いたるところで
聖なる神のことばをもって
力のかぎり根だやすのが わしじゃ
かくてキリスト教世界すみずみまで
信仰一致の平和がつづく

まぁ魔女裁判とかね・・・。あったらしいですからね。

 

でもこの宗教があって「生き方の規範」みたいなものができるあわけですから教皇は「社会のモラル」とも言います。より人間らしく良く生きるための規範です。表側の生き方・・みたいなこともありそうですね。

またこの規範を自分自身が信じていないと「これいいよ!」って広められませんから、「信念」という意味もでてくるでしょう。

宗教は生き方の価値観をつくりますが、言い方変えると洗脳するという意味ですね。また洗脳は教育の違った言い方とも言えます。

現代を生きる我々は少なからず洗脳を受けています。洗脳されないとこの社会で生きることも大変になってきますから、すべてが悪ではないわけですが・・

これが怖いのは「自分と違う価値観は叩きのめせ」っていう考えになりやすいこと。

そして自分の刷り込まれた価値観が、透明な枠すぎて、それがあることすらわかりにくくなることです。

誰に刷り込まれたか、どんなものを知らずにかぶっているのか、ということに気づくことは大事な気がする。

 

 

 

 

 

関連記事