toggle
2012-05-22

ソードの5は戦い 卑劣でも根回ししてでも

何やら不穏な空気が漂っています。

5という数字は押し出して行くわがままなエネルギ−。ソードという領域でそういうことがガンガン出てくるとどうなるのか?というイメージで考えてみましょう。

5は周囲のことなんかおかまいなしガンガン「私自身」を押し出して行く。日本で育つと自分の意見をキッチリ言わず、空気読むのが大事ですが、外国で育った人とか見てると、「自分の意見、やああだこうだ」ということを周囲に言うということが上手な気がします。

 

自分の意志を周囲に出すことがやり過ぎになると、ここでもまた、周囲の人の「感情」は逆なでで、みんな離れていくんですね。ソードは思いやりより自分のことが大事なので、あまり気にならないようです。にやりと笑ってしたり顔。卑劣でも根回ししでても自分の意志を出すのがテーマ。

カード全体はこれから嵐が起こるようなそんなムードではないかと思います。

自分の意見を押し出す、押し出しすぎて浮く、周囲におかまいなしの計画、勝手な言い分、巧妙に仲違いさせる、根回ししてでもやりぬく。

 

 

関連記事