toggle
2009-09-07

タロット スプレッド3枚引き

1、タロットのスプレッド3枚引き

3枚になってくると、起承転、、まで行くのでお話になりやすいです。4枚目引いて、アドバイスカードとして読んだりします。

過去、現在、未来の3枚スプレッド

1番多いパターンかもしれませんね。恋愛や仕事など今後どうなっていきますか?という問いによく使います。未来がよろしくないカードの場合は、4枚めのアドバイスカードで対処法などを聞きましょう。過去は何年前とかいう時期ではなく、因果関係の根っこだと解釈してください。

自分と相手とその相性の3枚スプレッド

自分がどんな様子で、相手がどんな様子で、相性は結局どうなの?という時に使います。相手は人間でも抽象的なものでも使います。相性は「今の相性」としてみて、もう1枚今後の未来としてひいてもよいと思います。

相手は本人にとってどういう相手か?相手はどんなことを思っているか?など多面的な解釈をしています。

 

また3枚は様々に応用できます。時間軸と合わせると簡単にできるでしょう。

*哀しみ、原因、対処方法。
*状況、障害、その結果。
*顕在意識と潜在意識、その融合点。

そのほかいろいろ自分であてはめみてください。

2者択一スプレッド

本人、選択A、選択Bというような出し方です。二つの選択に迷っている場合など使います。私はあともう1枚タロットからのヒントという意味で余計に1枚はひくことが多いです。

2、タロットの展開法を考えることは心の葛藤を考えること

展開法は質問があって成り立つものです。

展開法を考える時は質問者の「願い」のありかを、的確に考えていくことが非常に大事です。質問に出てこない側面をどれだけ把握できるかなのですよ。

恐れはなんだろう?

どういう未来を作りたいんだろう?

この二つの葛藤で占いを依頼されるわけですから、その色合いの違いを鮮やかに伝えられるスプレッドが良いというわけですね。たろ

 

 

関連記事