toggle
2008-10-20

タロット 審判 今までのやってきたことを

1、タロットの審判の意味

タロットウェイト版審判

2008年もあと2ヶ月ちょっとで終わりますね。年々、日々が早く流れて行くような気がします。

最近は「今までやってきたこと」を「これからにつなげる」という雰囲気です。新しい引き出しをつくるのはもう終わりで、総まとめ時期に入った感じがしてます。ここ数年の変化のありようといったら・・・・バラエティがありすぎました。ありがとう感謝セール。

私は今年占い師デビューしちゃいましたからね・・・。今まで秘密にしていたことをオープンにしてしまいました。正直占いを表看板に掲げることは「カミングアウト」で、今までの知り合いが離れるかも・・・という覚悟でしたが、けっこう周囲には大好評でございました。

私は審判されたのである!そしたら結果良かったのである!

 

タロット審判のカードは最終段階に入った感じですね。あと1歩やらなくてはいけないことを探し出して重箱の隅をつつくように(私のは下の棺桶が重箱に見えるのです)未完了なことをやらなくちゃいけない。
カードの意味は「解決する、報われる、過去のできなかったことが浮上する・・・・」などなど。

審判のカードになってくると、因果応報というか、世の中を動かしている本質的な仕組みみたいな世界からのメッセージっていう感じもして、自分の力ではどーにもならない、というような気分にもなります。

やるだけやったら運を天にまかす。そんな姿勢も大事なような気がします。

 

 

 

関連記事