ワークショップ、講座

陰ヨガとタロットパスワークのお絵かきワーク

更新日:

タロットのパスワークについて

その出会い

タロットのパスワーク、またはパスワーキングは魔術のトレーニングです。魔術ってそもそもなんなの?ってとこですが、「意識による現実変容の技術」なのだと思います。今でこそ「思考が現実化する」とか、「引き寄せの法則」などとしてポピュラーになりましたが・・・・

それは何かというと「イメージ」と「感情」を呼び覚ますことであります。それがシンプルで的確で「野生」の香りがしていたら最高・・・・・だと思います。野生というのはエーテル体が反応しやすいっていう意味です。

そのために魔術師たちは色や香り、呪文などを使っていたのでありましょう。

さてタロットのパスワーキングなのですが、私が最初であったのは2004年ぐらいでしたか、ドロレス・アッシュクロフト・ノーウィッキ女史のこんな本に出会ってしまったのです。これはもう運命としか言いようがない!

 

それで当時私はオリジナルのタロット版画を作成したくてそのイメージの源泉を、すでにある図像ではなく、自分の心の中にしてみたくなってこんな本に出会ってしまったのだと思います。

この本によると

”パスワーキングとは精神世界の彼岸と此岸の間を往還する旅である。”p29

ということに、私は深い感銘を覚えてしまいました。

未開拓な意識の世界を旅することは、感動を伴い記憶に刻まれる。そしてここには人間の意識だけが行けるのだ。

最近は特にふと未来のことも考える・・・この領域はAIが追随してくるだろうか?いやこのエネルギーを扱えるのは人間だけだろう。何百年後、地上に残った人間のできることがこの領域での活動になっているかもしれません。

まぁそれはともかく、その意識の世界を広げるということは鏡の現実の世界にも響きあい、現実も拡大して行くのであります。これはもう絶対的な真理。全ては循環ですから。

 

私がパスワーキングでやったこと

まず実践とにかく実践 毎晩イメージの世界に入る

ハマっていた時は、それまで6年半勤めていたお店が閉まって失業保険時代でした・・・・なのでいきなり何にもなくなった非日常の時間を過ごすことになっていた頃。こんなに時間があるのが久しぶりだったので、夜な夜な毎晩瞑想の形でイメージを拾うことをしていました。

当時はヘミシンクなども知らなかったので自力で変性意識入りをしなくてはなりません。とりあえずイメージがシャープになるようヨガに行ったり炭水化物とらなかったりでちょっと激しくやりすぎました。

これらはその時の記録。夜瞑想してメモしたら翌朝1番に絵にするというやり方でした。しかしやりすぎたか、夢なのか現実なのかわからなくなる交差するような時間が眠る間際にあり、怖くなって、連続でというのは途中でやめた記憶がある・・・

最初はぼんやりしていたのですが、回数をおうごとに絵の印象がはっきりしててきています。向こうの世界の印象が強くなってきたということになるでしょう。

ちなみにこれはタロット22枚は最初開けたら全部やらなくてはいけないと、当時サビアンのお絵かきを習っていた松村潔先生にメールで教えてもらった記憶があります。なので必死で完了しました。

 

タロットパスワークの記録

 

タロットパスワーク記録

タロットのパスワーク記録

タロットのパスワーク記録

 

 

 

 

パスワークの絵をまとめて意識の1枚の地図を作る

 

この後これを元に銅版画に起こすというところまでやりました。

 

一部だけ載せます。オリジナルな意味が満載すぎです。

下は運命の輪なんですが、運命の輪は回っていなくて方向指示になってました。そして目のない頭部がゴロンとあるのですね・・・ちょっとシュールです。

 

それに加えて全部のタロットの世界を1枚の絵にまとめてみたのであります。

 

 

1枚の絵に22枚のパスワーキングのイメージをさらに地図化した作品です。

これは超絶面白いイメージワークでしたね・・・・・・頭のなかに地図を作って行くのです。

 

スタートは0.

私の場合タロットの0が二人の看護婦さんだったのです。

 

そしてイメージの中でこの病院を歩くのであります。

どんな場所か?どんな匂いがするか?どんな風景が見れるのか?というのを強引にアクティベートして行きます。私の場合ここは古い木造の病院。そして病院を観察したら病院を出て行き次は何が見えるか、意識の中で他のタロットのイメージで思い出すのです。

ああ隣になぜかつられた男のエリアがあるのだな・とか・・・21はこの敷地外にあるのだな・・とか。妄想=向こうの現実ですから、全部当てはめる。

私の狙いではこの配置は生命の樹みたいになるのかなと思ったのですが、ぜーんぜん違いましたね・・・・

 

 

 

それを延々と続ける。たまに地図の上から俯瞰して今どこかな?と感じながらその世界をどっぷりハマって行きました。とても楽しい作業でありました。

 

この作業は私の今現在の活動のベースにあります。

今思えばこの看護婦さんは病院でもあるのでフォーカス27あたりの病院施設にいきなり飛んで行ったのかもしれないなーと思っております。

あと思うのは、意識の中の情報公開はいつもオープンで、問いを出したら答えてくれるんですよ。

意識の中での通路を作った方が、タロット占いの勉強の仕方もとてもシンプルになってくると思うのであります。

こういう領域で仕事している人は・・・だいたいなんかわかるよね。「お!この人はやってるな!」というタロット読みする人、私は今まで数人しか会ったことありません。

 

 

イメージ豊かとは???学生時代私が苦労したこと

 

今でこそ「イメージ」という言葉をよく言っている私ですが、美大の予備校生の時に「イメージ」といわれて全くわからなかった経緯があります。

当時の絵の先生は「絵を鉛筆で描くだけではない、イメージを大事にしなさい。光の当たっている様子・そこにある空気、色のイメージ・味のイメージ・匂いのイメージ・・・そんな五感を大事に描きなさい」といわれたのですが、当時全くわからなかった!!!

 

イメージ??なんじゃそれ????

という感じで、最初からイメージが湧いてくるタイプではなかったのです。

なので予備校時代、平面構成のアイデア出しも上手くないし、正直つらい作業でありました・・・。

でこの頭の硬さが変わっていったのは、やはりこのタロットパスワークをしたあたりからだったのでは・・と思います。タロット占いとかも本格的に始めていたからか、アイデアが早く入ってくるようになりました。その後名刺のデザインなどもやってるのですが、予備校時代あんなにアイデアが出なかった人が、まぁその人の名前に集中して瞑想すると形とかアイデアが浮かぶようになっていったように思えます。

イメージ力はトレーニングで開発できます。魔術師たちもその基礎訓練を何度もやって達人になったのだと思いますよ。

 

 

 

イメージ力は心身のリラックスが大事

 

そしてイメージ力・ビジョン力を高めることは、リラックスに尽きる・・・ということも学びによってわかってきました。

イメージ力もビジョン力も「身体」で受け取るもの・・なので体を大事にいたわれば、体という素晴らしい受信ツールが動いてくれるのです。

しかし普段人間は、身体のことをあまり考えません。特に若い頃は無理をしても健康でいられますからね・・・私も無理しすぎて調子が悪くなった一人です。

また、普段人間はリラックスとは逆の、合理的に批判的に考えて生きていることがほとんどです。いつも緊張してこの危険な環境で生き抜いてきたからしょうがないのでありますが・・・・しかしその部分を休めないといけません。

そのためには呼吸などの「体の感覚にシフトさせる」がとても大事です。呼吸に戻ると「いまここ」に戻ることができるのです。鼻に空気が入る感覚・・・その空気がどこを通るのか・・・足の指先の感覚・・・身体の筋肉のつながりの感覚・・・体の感覚にい続ければ頭の中にうるさい言葉が生まれにくくなります。不安な感情やエネルギーに翻弄されなくなります。すぐに自分の軸に戻れます。波動が乱れない。

ヘミシンクとかでも不安な要素を箱に入れておくでしょ・・・・。それに引っ張られるとなかなかうまく行けないのよね・・・。

なのでタロットのパスワークなどのインナーワークするときは、身体にアプローチするのは、とても意義深いし、効果もあると思うのです。

というわけで前置きが長かったですが、この身体のアプローチもじっくりできる占星術家であり陰ヨガ講師のチャンドラ・ケイ先生と10/6土曜にワークショップをすることになりました〜〜!

陰ヨガでさらに深い意識と気づきへ 
タロットのパスワーク&ドローイングのワークを開催です!

普通ヨガというとインストラクターの通りに動かしますけど、この陰ヨガは自分の感覚で好きなポーズで良いそうなのです!!!!!!!すごい!!なのでパワーヨガみたいに汗ダラダラにはならないでしょうし、心の静けさと向き合えるヨガなのだそうです。

このヨガは、私が欲しいと思っていたことを大事にしているので、ほんと嬉しいコラボです。

 

 

絵を描くことで意識も現実も180度変わる

 

さてここで、絵が描けないから無理〜〜と思っているあなた・・・・・

ここでは絵の上手い下手は関係ありません。

記録として残すことがまず重要でなんだそうです。そして瞑想終わって帰ってきてからも絵を描く時間は「無意識」の領域の作業を続けることができます。絵を描くのは帰ってきても思い出して記憶を強めるための行為なのであります。そしてうっすらな記憶でも描くことでどんどん心の中に刻み込まれ、あちらの世界に強く存在することになります。

そうすると、またあの世界とコンタクト取ろうと思うとその絵を手掛かりにイメージ探索すれば良い。

言葉よりイメージの方が無意識とつながるから絵の方が良いと思いますよ・・・

そしてタロットのパスワークはなんかね・・・心の中のどぶさらい。。。みたいなことでもあるのです。浄化が進めば新しい領域に新しいエネルギーが入ってきて徹底的な新しい人生の幕開けということにもなるでしょう。(私が経験済み)

牡牛座に天王星が入った今、そしてこれから、自分の才能を再度掘り起こし「こんな可能性があった!」と探していく時代なのだと思います。

 

さぁあなたも・・・!牡牛座に天王星が入った今年、あなたの素晴らしい身体感覚を呼び醒まし新しい時代の第一歩を踏み出しましょう。

 

 

10/6(土)横浜中華街 陰ヨガでさらに深い意識と気づきへ 
タロットのパスワーク&ドローイングのワーク

 

陰ヨガでアサナに寛ぎ心身を静寂に導き、タロットのパスワークで意識の深層に潜る。この異色のWSでは、陰ヨガとタロットパスワークのコラボレーションにより、体と心と意識を統合することを目的としています。

バラバラのパーツをつなぎあわせ、今を感じること。今を味わうこと。

今年の5月から牡牛座に革命の天王星が入ました。これからのテーマは「身体・所有感覚」の新しい領域を

切り開いていくことがテーマになります。本当に深い智慧は、あなたの身体の感覚が知っていてそれをさらに掘り起こしていくのです。

 

私はダイナミックな身体の感覚を軸にした絵を描く方法をずっと考えていました。

 

 

チャンドラ・ケイ先生の陰ヨガが自分の身体感覚を合わせられるぴったりな方法だということ知り今回のワークショップを企画しました。陰ヨガは自分にぴったりなポーズをしていくそうなので、体が硬い・・などは心配ご無用ですよ!

タロットのパスワークは意識の世界を探求する瞑想の1種です。タロットという安全な図像を使いそれを入り口に意識の世界へ入っていきます。タロットを知らなくても大丈夫です。

誘導によってゆったり瞑想の旅に向かいましょう。

戻ってきたら見たイメージを絵に描いてみます。文章が得意な方もいると思うので文章でも大丈夫です。大事なことはイメージを「地に落とす」ことです。そこからみんなで見たイメージをシェアします。

タロットのパスワークだけでも大きな意識の変容がありますが陰ヨガで身体を開くことでさらに無意識に抑圧していたエネルギーが解放されるでしょう。

身体と意識が深い部分からクリアになります。変動の多い時期、あなたの身体感覚を磨き解放するワークをしてみませんか?

皆様のご縁お待ちしております。

 

チャンドラ・ケイ先生のメッセージです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

陰ヨガとはがんばらないヨガ。

陰のエネルギーのもとに行うヨガのことです。

体をできるだけ脱力させ、呼吸を見つめ、

体の深部をじっくりとほぐし、開いて行きます。

ひとつのポーズを長くホールドするのが特徴です。

その日、その時、「今ここ」の体の声を聞き、体が開くのを待つ。

陰のシークエンスの中で、自然と呼吸は深まりエネルギーは中心に戻ります。

 

体を深部から緩めてあげると、感情は解きほぐされ心穏やかに。

心地よい静寂を感じながら、意識は自然と瞑想状態に向かいます。

心と体のすみずみに広がる静寂を味わってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

チャンドラ・ケイ先生

占星術家、陰ヨガ講師。

【ヨガ】JivamuktiYogaCenterでハタヨガ、アシュタンガヨガを学んだ後ポール・グリリー氏の陰ヨガに出会う。陰ヨガ講師資格取得。朝日カルチャーセンター、テンプオープンカレッジ他で呼吸法やヨガのクラスを行う。インド哲学などのヨガ座学など。

【星】大倉山占星術研究会にて星やタロットの講座、セッションなどを展開。占星術とヨガを通じ、宇宙の原理、運命と自由意志についての探求を続けている。

 

HP : https://www.gabriel-no-rappa.com/

HP : https://www.astro-okurayama.com/

ヨガブログ : https://blog.goo.ne.jp/yoganokaiatyokohama

 

 

体を動かすのが苦手でも、大丈夫です!またタロットの知らない方もご参加できます。

皆様のご縁お待ちしております!

 

 

 

陰ヨガでさらに深い意識と気づきへ

タロットのパスワーク&ドローイング

 

《期日》10/6(土曜)13:00-16:30

《参加費》10000円(事前のお振込、またはpaypalクレジットカードです)

《講師》

陰ヨガ:チャンドラ・ケイ先生

パスワークとドローイング:吉田結妃

 

 

《場所》
シルクロード舞踏館
神奈川県横浜市中区山下町80

会場はB1階

更衣室は6階

 

みなとみらい線 元町・中華街駅 中華街出口徒歩5分

 

《服装》

・ヨガのしやすい動きやすい服装 (更衣室もあります)

・絵を描くため体を冷やさない上着やタオル、靴下など

・お水

・お絵かき道具は基本必要ありませんがお気に入りの画材があったらお持ちくださっても大丈夫です。

(ヨガマットは無料貸し出しあります)

・更衣室は6階(チャイハネ1階カフェの店内奥にエレベーター)

・お着替え後はお荷物持参でB1階のワークショップ会場へ。

(更衣室に荷物を残さないで会場にお持ちくださいね)

 

 

皆様のご縁お待ちしております〜!

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ワークショップ、講座
-, , ,

Copyright© Blooming Star  , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.