2020・7・5 山羊座の満月ホロスコープとサビアンシンボルリーディング

前進するための試行錯誤 山羊座満月

7/5は東京都知事選ですね。山羊座の満月です。

山羊座の月ということは、「今まで通りの経済や生活に戻して行こう」という古きルールで、とても保守的な雰囲気です。。世の中の常識的なルールである木星や土星も山羊座・さらには冥王星も山羊座にあるし、社会構造の変容は相変わらずテーマですね。

で、月も山羊座なので、前と同じような経済の世界がまた回ってくるはず・・・・・と自己暗示をかけている。

この月は牡牛座天王星と120度になってます。天王星は東京だとディセンダントに乗ってますので、経済的環境の大きな変化を受け止め、少しづつ変えて行かなくてはいけないなと感じているのですが、急激な革新を求める様子ではないでしょう。

しかし6/28の都知事の討論会は個性豊かな候補者が出ていました。話し方で知性がでる(気をつけよう・・・)・・・

あのバラエティさは双子座金星ぽい感じでしたね。

しかし投票日のホロスコープから感じる保守的ムードですが、さてどうなるか。

土星は山羊座にあると書きましたが逆行してきて古巣に戻った形です。土星は3/21から水瓶座に入って、少しだけ未来を先取りしてきました。この3ヶ月は自粛期間でしたね。これが未来の先取りのイメージ図だったのかもしれません。この自粛期間に考えたこと、多分来年テーマになってくると思われます。

山羊座の土星は再チェックです。役に立たないものをもう1度あぶり出し、ダメだししてきています。今回のコロナ騒動で多くの人が見てみぬふりをしてきた社会の構造に亀裂が入った。もうその亀裂は戻りません。でもそれは良い兆候なのだと考えると良いと思います。ただし新しい生き方は誰も教えてくれないでしょうから、自分の頭で考えることがもっともっと大事になってきますね。

6/28から火星が牡羊座に入りました。言葉の水星と90度。言葉が険しくなるとか、考え方が攻撃的になるとか・・という満月の日です。こんなに大事にしてあげてるのになんでわかってくれないの??みたいなメカニズムで働きます。SNSでの言葉使い、攻撃的になりませぬように。

これから半年牡羊座に長期滞在します。牡羊座は最も火星が雄々しく行動できるサインです。動かせ火星!考える前に体を動かす。当たって砕けろの精神で突撃するべき。

もちろんウィルスはまだまだ続くと思うので、体調とメンタルを健やかに鍛えていくというのも良いでしょう。火星がどのハウスに入るかによって今年後半の行動のエリアがわかります。

サビアンシンボルの山羊座満月 天体リーディング

冥王星
山羊座 25度:東洋の絨毯の商人
CAPRICORN25:An oriental-rug dealer.

海王星
魚座 21度:小さな白い羊と子供と中国人の召し使い
PISCES21:A little white lamb, a child and a Chinese servant.

天王星
牡牛座 11度:花に水をやる女
TAURUS11:A woman sprinkling flowers.

土星
山羊座 30度:秘密のビジネス会議
CAPRICORN30:A secret business conference.

太陽
蟹座 14度:北東の大きな暗い空間に向いているとても年を取った男
CANCER14:A very old man facing a vast dark space to the northeast.

木星
山羊座 24度:修道院に入る女
CAPRICORN24:A woman entering a convent.

火星
牡羊座 5度:羽のある三角形
ARIES5:A triangle with wings.

金星
双子座 8度:産業労働者のストライキ
GEMINI8:An industrial strike.

水星
蟹座 8度:服を着てパレードするウサギたち
CANCER8:Rabbits dressed in clothes and on parade.


山羊座14度An ancient bas-relief carved in granite.
花崗岩に刻まれた古代の浮き彫り

月は山羊座14度花崗岩に刻まれた古代の浮き彫り

山羊座サビアンシンボル14度

古代のレリーフというと私はエジプト文明を思い出し、このような絵になりました。レリーフには不思議な文字や図形が残されています。このレリーフを作った人は何を目的にこれを作ったのでしょう。何かの記録かもしれません。未来に生きる人たちへの手紙のようなものだと感じます。ここから考えると自分のやろうとしていることが実は過去の歴史の中にもあったということを発見するシンボルです。

山羊座の10度からの流れを見てみると、選ばれたメンバー(11度)が必死に研究して勉強し(12度)切磋琢磨して、みんなで向かっていく目標を決め(13度)ここで約束の決まりを彫ったレリーフができた(14度)・・というようなイメージもあります。

ですからこれは今までの活動をどんな小さくても良いので「形」を作ることにもなるのではないかなと感じるのです。

アーカイブを作るというか、まとめて形にするというか、新しいチャレンジであれば小さいものでいいので「形」にするとか。

太陽蟹座 14度:北東の大きな暗い空間に向いているとても年を取った男CANCER14:A very old man facing a vast dark space to the northeast.

サビアン蟹座14度

北東というと日本では鬼門という言葉があります。鬼が出入りするところなのですべてにおいて忌むべき方位といわれています。しかしこの年をとった男はその方向を向いている。この年とった男は、賢者です。タロットでいうと隠者。

何にも見えない真っ暗闇。自分がいったいどこへむかって良いのかわからなくなってしまいますよね。しかしこのような状況であっても、進むべき方向を静けさの中ではっきりさせていけるシンボルです。

世俗的な目的とか、作られた社会のシステムの中での欲望とか、そんなものにかまっている暇はないようです。周りに何もなくなった時、どこへ向かいたいのか何をしたいのか、考えてみなさいと太陽は指し示しています。

太陽の未来の意志を、満月は、具体的に試行錯誤していきます。

サビアンで考えると、そのヒントは古い歴史にあると言っています。古い歴史と言っても「自分史」かもしれませんよ。

ちょうど今水星も逆行しているし、古い手帳を見直してみる。学習の復習であるとか、やりきれなかったことを再度手につけてみる。古いブログを見てみたりして過去こんなこと書いてたなあと思い出してみる・・・それによって「ああこんなことやりたかったなぁ」を思い出せるのではないかと思います。

天王星は牡牛座 11度:花に水をやる女TAURUS11:A woman sprinkling flowers.

サビアンシンボル牡牛座11度

冥王星・海王星・土星・木星・火星が逆行する中、天王星が粛々と前進しています。牡牛座の11度台に入りました。自分の五感を豊かに愛するというシンボル。文化を愛し様々な芸術を受け取り味わうシンボルです。

お花というのは実は生殖器なんですよね。めしべとおしべ。

健康で健やかな五感や快感を育むということになります。天王星だからそれぞれのユニークな感応性を味わい育てるということになるでしょう。食べること・音楽を聴くこと・香りを味わうこと・歌うこと・気持ちよいことをすること・・・・この体の感覚をがっちり味わいましょう。

さてこの天王星と月や太陽がゆるく関わっています。

北東の方向へ向いている老賢者の視線は、自分の体そのものに目を向けているのかもしれません。体を丁寧に観察する。それは鏡に写して見ることでかもしれない。また触ることでわかることもある。硬くて痛いところとかをマッサージしてみるとか。

今回の満月シンボルの花崗岩のレリーフのように、古い歴史の伝統で考えると瞑想とかもいいのではないでしょうか。ヴィパッサナー瞑想は体の感覚を実況していくのですよね。

「鼻に息が入ります・・・息を吸います・・息を吐きます・・・」というように。

それをすると、モヤモヤした気持ちがスッキリしてくるでしょう。

スッキリしてくれば、老賢者が真っ暗な中で道を見失っていても、その静けさの中で自分の進む道がはっきり感じられるかもしれません。

火星牡羊座 5度:羽のある三角形ARIES5:A triangle with wings.

サビアンシンボル牡羊座5度
サビアンシンボル牡羊座5度羽のある三角形 ARIES5:A triangle with wings.

火星のサビアンは飛躍のシンボル。直観的なエネルギーがグイグイ入ってくる。より上昇していこうとしていきます。例えば・・・・自粛しているのはもういやだ「動きたい!」という人間の欲求が強まります。

コロナの流行はまだまだ続いていますから、十分気は引き締めて・・・。

水星蟹座 8度:服を着てパレードするウサギたちCANCER8:Rabbits dressed in clothes and on parade.

ウサギさんたちはとても繁殖力が強く繁栄の象徴です。そして野生のウサギさんなのにこのウサギさんたちは、洋服きてパレードしています。ということは気ままな生き方をやめて社会のルールにあわせていこう!と張り切っているわけですね。水星がこのシンボルですから、考え方は大勢のルールに合わせようとしている。

これは火星とスクエアになっているからというのもあるのですが、一人一人は文句いってても、同調圧力にのっかる様子にも見える。

でもその「同調」っていうのが、今何なのかわからない状況ですよね。コロナの患者数は増えていてまだまだ流行っているけど、でも学校やお店ははじまっていたり都知事選はあったりで、自粛はもう終わりみたいになってるし・・・いったい何にが正しいのかわからない状況です。

自分で決めていかねばなりません。

それが牡羊座火星の『羽のある三角』が示していることだと感じる。牡羊座は「直観に従う」ことがテーマです。周囲がどうあれ、自分を中心に人生を作り上げていくのです。

例えば今までは、みんながこうだからって本当はいやだけど、我慢してたことがあったかもしれない。でもその我慢は実は必要ない。自分の意思を発揮し「やるやらないを決めれば良い」のです。生きるための正しい答えは、自分の外側にはないのだと自覚する満月です。

まとめ

自分の過去を洗い出し、その中から今後のやるべきヒントを静けさの中で探す満月です。外側に正しい答えはないので、自らの直観にしたがって、我慢していたことがあるならやめる。周囲を気にしてやれなかったことがあるならやってみる。そんな満月だと思います〜!

7月

★7/5(日) 水晶リーディング オンライン練習会 詳細こちら

★7/19(日)タロットzoom練習会10:00-12:30 詳細こちら

★7/19(日)タロットパスワークお絵かき@zoom 13:00-16:00  詳細こちら

★7/22水曜 zoom洋書読み会 17:00-詳細こちら

★7/26(日)サビアンシンボル山羊座zoom講座詳細こちら

★7/31(金)配信開始!はじめて6回占星術講座と中級占星術8回動画講座スタート 詳細こちら

8月

★8/9(土曜)はじめての水晶瞑想会@zoom詳細こちら

サビアンシンボル動画講座 牡羊座から双子座まで販売中!

サビアンシンボル牡羊座動画講座 一部無料公開
サビアンシンボル牡牛座動画講座 一部無料公開
サビアンシンボルの双子座動画講座の一部を無料公開
タイトルとURLをコピーしました