理想が強い「アンビルド」の女王のホロスコープ

国立競技場の建築設計

オリンピックの国立競技場のザハ・ハディド案が契約解除になるかも・・・・??というニュースみました。

スクリーンショット 2015-06-18 17.24.33

新国立競技場HPより

ザハ・ハディドさんの建築物のすごさって・・・・生き物みたい・・!

有機的な曲線を使っているからですね。見ると、昆虫みたいな不思議な形・・・。今までみたことねぇっぺ!という感じです。

作ろうとする技術もすごいけどね。

建築家は2次元の平面から立体を作るわけなので、一般人よりパワフルなイメージ力があるように思います。二次元よりもやっぱ三次元には、「奥行き」という、もうひとつのベクトルもイメージしないとですからね・・・。

ザハハディドさんは、独立後10年の間、コンペで優勝しても建築されなかったそうなので、アンビルド(建築されない)女王と言われていたそうです。新宿経済新聞より

形が斬新すぎる・とか技術的にどうなんだ・・っていう話らしいんですが、さて・・新国立競技場はどうなるでしょうね。

というわけでザハ・ハディドさんのホロスコープ。

スクリーンショット 2015-06-18 13.12.42
スクリーンショット 2015-06-18 13.12.35

こちらのサイトからです

建築は土の要素強そう

建築は土の世界のことだと思うので、土のサインが大事そうです。乙女座に日本の有名建築家何人かいましたね。この人の場合、土は乙女座土星だけですぜ。きっちり丁寧につくりあげることがこの人の課題。

乙女座は細かいところまで丁寧に設定していきます。線を引いたりすることも大好きなサイン。

しかし射手座の火星と90度。射手座火星は信念とか今ここにないロマンを求めて熱中しそうです。

普通は土星のほうが強くて火星の勢いを弱めそうですが、射手座の支配星の木星は水瓶座で火星とセクスタイル、そして獅子座(クリエイテイィブな自己表現)の冥王星とオポジション、冥王星は火星とトラインという火のエネルギーがめちゃくちゃ強いです。獅子座だからクリエイティブなことが大事です。

土という現実の細かい段取りや具体性より「私はユニークで面白い表現をしていき広めるのだ!!!!」というほうが、強いでしょう。

独立初期は、アンビルドだったというのは土星力が足りませんという話ぽいです。火星軍団の勢いのほうが強かったんでしょうね。

土星は課題でもありますから、その部分を補強しトレーニングした後、ようやく現実の建造物になりはじめたのではないかと思います。

水の力

冥王星のある獅子座ルーラー太陽は水星金星とびっちりくっつき蠍座です。組織の中での軋轢の中でうまく実行できる力がありそう。水の繋がりの中で信頼関係をつくることを人生のテーマにするでしょう。

有機的な形は蟹座、蠍座連合あたりででていそうです。蟹座の月もあるのかな。水の流れるような形。女性の体のゆるやかな形。ゆらぎやすい感情のようなものを象徴してるのかもしれません。

2019/12追記

ザハハディドさんは2016/3/31に急逝したとのこと。そして日本での競技場のデザインもいつの間にか変わってしまいました・・。

2019年9月に北京空港が開かれたそうなのですが、この人のデザインやっぱりすごいですね。新種の生物のような形にも見えます。

彼女の名前をつけた会社はロンドンにまだあり素晴らしい作品をたくさん生み出しているようです。

彼女のホロスコープは蟹座の月。生み出す月。その隣には天王星がありテクノロジーを使った未来の形を生み続けたのだと思います。