アート

タロットつられた男=アンドリューワイエス

1、タロット吊られた男の具体的イメージ アンドリューワイエスという画家に注目してみたいです。(1917〜2009)はアメリカの画家です。先日亡くなりました。 私が高校生のとき、初めて用賀の世田谷美術館へ見に行った作家なのです。中学校の教科書…

タロット審判 デューラーの絵から

天使って、実は、強い力を行使する人たちだと思うのです。私は天使というと、北方ルネサンスの天才、デューラーの版画にでてくるおっかない天使をいつも思ってしまうのです。 ラッパ部隊!出動!ラジャー!!       &…

no image

タロット月の世界の版画  日和崎尊夫

木口木版(こぐちもくはん)という技法は、あまり知られていないと思います。柘植などの固い木にビュランという細かい部分を彫れる彫刻刀で彫って行く技法で、イギリスで始まったので「西洋木版」などともいわれています。 日本では日和崎尊夫という作家がい…

キュビスムの視点、リモートビューイングの視点

ピカソ「泣く女」 キュビズムとは、ピカソなどが有名な絵のスタイルです。誰でも見た事あるあの、「ピカソみたいな絵は俺にも描ける」と1度は思うような、ああいう絵です。 でもキュビズムって言う視点とリモートビューイングしていく視点って全く同じ意識…