占い

14タロット占いを深く読むために 2枚読みとは

1、色を混ぜるように意味もまぜあわす2枚のカードの意味を言葉で織り交ぜる練習は「結びつける」という意味でひじょーーーーーに大事です!!例えば、

7タロット占いを深く読むために 未来は決まっているの?

1、未来は決まっているのだろうかタロット占いでは「過去、現在、未来」という3枚読みというのをよくします。未来はいつぐらいまで読みますか?との御質問があったので、私のやり方と考え方をお知らせしようと思います。特に、期日を決めなければ、タロットは3ヶ月ぐらい先と設定しています。それより先はなんとなくぼやける感じですね。もっと俯瞰的に人生の大きなバイオリズムを見たい場合は西洋占星

3.タロット占いを深く読むために 列に並べて共通項を見つけよ

1、タロットを左脳で学ぶ前に、まず眺めてみてねタロットを1枚1枚左脳で学ぶ前(暗記で覚えること)に、感じるということをしてみると良いと思います。その時に22枚ずらーーっと並べてみましょう。この作業はマルセイユ版の方が良いです。*全部横