「 西洋占星術 」 一覧

芸術家で大事なホロスコープの特徴を考える

1、芸術家に必要な組み合わせサインのホロスコープ ピアニスト、指揮者のダニエルボエンバイムは、ついつい聞いてしまいます。 ピアニストとしてのレパートリーもいっぱいあるし指揮者でもあるからyoutub ...

◆さそり座12ハウス進行月も12ハウス

バタバタしていてこちらブログアップできなかったです・・。久々。ワードプレスって不正ログインを狙っているアクセスが続いているらしくアクセス制限もかかっていて、ログインして訂正すら面倒・・という日々が続い ...

ド派手な壮大劇場音楽ホロスコープ

このド派手な音楽はカールオルフという人の作曲で「カルミナ・ブラーナおお運命の女神よ」という曲だそうです。ちょっとカツいれたいときにこりゃいいわーと思って聞いているとですね、作曲家のホロスコープが気にな ...

日々の月を追いかける

空の惑星たちはあんまり大きくは日々動きませんが、月だけはめまぐるしく姿を変えていきます。月は無意識の反応なので、日々の「ムード」を表します。 体調や感情にも大きく影響を与えます。月がどこにあるかデータ ...

西洋占星術のドラゴンヘッド

西洋占星術のドラゴンヘッドは前世からの魂の方向性という解釈をしています。 このドラゴンヘッドは太陽と月の交差点です。過去と未来が交差するポイント・・・。 心理占星術だと月という欲求を太陽という未来の力 ...

うお座に惑星が集中

うお座にこれだけ惑星があって、双子座木星があって、私のネイタルでは双子座太陽金星水星で、海王星がいて座0度だというのは、非常にあおられる感じと心もとない感じがするが、着地点がよくわからないので、この流 ...

無意識な月、創造的な太陽

今日は初企画「マイナス感情をプラスにするお茶会」でございました。ご参加いただいたみなさまありがとうございました。 マイナスな感情はあってもいい!ただそれを客観的にわかる自分に気付くこと!というのが最大 ...

no image

昨日は西洋占星術を使って自分を発見するというプチワークショップ

One&Onlyの生田さんとコラボワークを昨日は開催でした。なかなかハウスの概念をまとめるのに苦労しましたがどうだったでしょうか。自分の可能性がまだまだあるってことに気づく時間となってたら嬉し ...

no image

金星に憧れて ヴィーナストランジットに思う

6月6日金星が太陽の前を横切る天文現象があるそうで、最近のアクセス解析も「ヴィーナストランジット意味」みたいなのがべらぼーに増えています。こんなマニアックな現象がみんなに広まっているというのも、宇宙に ...

no image

西洋占星術 セッションのときの5つのチャート解釈

西洋占星術のセッションの時にその人のチャートを5つのポイントから見てみます。 試しにPDFでアップしてみました。

Copyright© Blooming Star  , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.