小アルカナ ペンタクル

ヘルタースケルターはペンタクル過剰な世界

更新日:

ヘルタースケルターは岡崎京子さんの原作を読んだのだった。内容もなんか後味悪いんだけど惹きつけられる。最後の方は特に超〜〜ぶっ飛んでいますよ。

主人公りりこ、映画は沢尻エリカぴったんこでいいと思った!

ヘルタースケルター (Feelコミックス)/岡崎 京子

¥1,260
Amazon.co.jp

りりこってペンタクルス過剰だよね。ペンタクルスは物質、肉体です。

身体は心や魂が宿るもんでなく、お金やオトコを運んでくる道具のような扱いをしているような気がする。

ペンタクルス9悪い意味みたいな感じがする。いろんな意味でやり過ぎ感満載。

土の世界が極まるとどうなるんだろうなぁって考えさせられる内容かもね。カタチだけの世界がどうなるのかなって。土は中味より「カタチだから」ね。

土だけになかなか、予定変更できず・・・・そのまま突き進むんだよね。

土=お金や経済のシステムも変更せず突き進むか、変えちゃうかっていう今。

大きな意味で時代にもリンクしてる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-小アルカナ ペンタクル
-,

Copyright© Blooming Star  , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.