2020/12/30蟹座満月ホロスコープリーディング

個としての経験を大事にしよう

木星土星がいよいよ水瓶座に入りました。誰にとっても大事な2020年でしたが年末までやってこれましたね。いろいろな思いがある年末だと思います。

私は今年は実家に帰らず、ひっそり年越の通常運行予定です。

子供の頃のお正月は、祖母と曽祖母の家でお年始が必ずあって、親戚が集まることをしてましたね。ウチは神奈川地元民なんで、けっこう実家周囲に親戚住んでるんですよ。私が20歳過ぎぐらいまで行っていた気がする・・・。祖母は羊羹や伊達巻とか煮物とか作っていて、それらを食べてお年玉もらうっていうのが定番でしたけど、そういう集まりももうなくなってしまった。つながりの濃さは年々薄くなっている。風の時代はすでにはじまっていたとも言えるのかもしれません。

新月アセンダントは牡牛座です。天王星がすぐそばにあります。新しい年を前リニューアルしたいという土台です。火星はずっと2020年の後半は牡羊座にありました。行動エネルギーは直観にまかせて早く動きたい!って思っていたのにコロナで現実面でそれを実行するのが難しい状態でしたね。

お正月明けに火星はようやく牡牛座入りです。火星は牡牛座に入って「実質的なこと」をガツガツと進めていくでしょうね。

月は蟹座で3ハウスです。家族や少人数の仲間との会話をワイワイしたいなぁ・・という気持ちが強くあります。この月に対して牡牛座天王星と関わってます。60度だから積極的変化を楽しめそうです。

ドラゴンヘッドとテイルの軸にはあいかわらず海王星がTスクエアです。射手座のテイルのほうは金星もコンジャンクションです。悪い過去の恋愛にひきづられているような雰囲気もあるのかな。

スティーブン・フォレストさんが射手座はdogmatism(独断論)で双子座はexperience(経験)ということを言っていました。ドグマは

ドグマとは元来宗教上真理と宣言された教義

https://ja.wikipedia.org/wiki/独断主義

神が言っているから正しいのだ!という主義です。神=救世主。海王星スクエアかかっているからヘンなのに騙されないようにしないといけないですね。

天皇陛下万歳とか外国の指導者さんが素晴らしいとか、偉いひとたちを称えるのは別にいいんだけど、度が過ぎる熱狂さやクレイジーさになりそれを「信仰」して、さらに相手に強要するっていうのは、へんな宗教勧誘やネズミ講みたいなものだと思います。今の時期射手座にテイルがあるからそれらは問題のある態度です。過去の間違った人類のカルマです。金星がテイルなのでうっかりそういう熱狂的な信仰にはまることが楽しくなっちゃうような配置。

本当に目を向けなくてはいけないのは、双子座の「経験実証主義」や「個人主義」でいかないといけない時です。しかし双子座ヘッドにも海王星スクエアだからコミュニケーションや情報発信ではいつもより慎重さが必要な時なのかもしれません。

水瓶座に入った土星木星は10ハウスです。自分の個性やこだわりを世の中に教えていきたいとか社会的な活動に落としこもうと、張り切っています。今回の10天体の中で土星が1番若々しい度数、2度ですね。

まだ土星は水瓶座の流儀に慣れてなくて初々しいです。水瓶座に入った木星土星は、射手座のカルマの刈り取りに一役かってくれるでしょう。水瓶座も個としてのあり方を大事にしますからね!反抗的だし偉い人のこということ聞くのきらいだしね。

私個人でいうと、この木星土星私のアセンダント・ディセンダントに調停の角度なんです。しかも私のこのラインって木星土星がぴっちりオポジションがあるので、自分の「教師的なあり方」をさらに強めると感じました。実際そんなあり方を問われるようなことも起きています。今までなら「だれかやってくれるだろ!」みたいな感じでしたが、そうも言ってられません、私はこう思いまうすので、こうして行きますよっていう宣言をしなくてはいけない・・みたいな状況でした。

木星は信念、土星は現実化。自分の信念が試される。また海王星とドラゴンヘッドとテイルの配置で、その信念はけっこう揺れるし過去の間違いも吹き出しやすい時ではありますが、実体験でそれを修正していく配置です。

変更に耐えうる柔軟さを持とう

水瓶座の土星木星に対して牡牛座の天王星からスクエアがあり、「未来のイメージ像が根こそぎ変更」 はますます拍車かかります。土星というマイルールに天王星のスクエアって頑張って積み上げてきたものをハンマーで粉砕するような、ちょっと思いを込めてきたものであればあるほどがっかりするようなそんな仕打ちのように感じることもありますので、柔軟な感性が大事になってくると思われます。

水瓶座らしい時代ってなんでしょう?良い面はがんじがらめのルールからは逃れて自由に生きれそうだけど、妙な全体主義はあると思うので、それすらから外れた人はどうしたらよいかという問題はでてきそう。

特に水瓶デジタルの画一主義になっていくと思うので、そこに入れなかったら、経済もまわせない(牡牛座)、エンタメも楽しめない(獅子座)、セックスや恋愛も楽しめない(蠍座)・・・・なんかすごい時代になるなーって感じるんだけど・・・「人間の生き方モデルが大きく変わる」っていうのはこういうレベルで変わると思われます。人類3000年のあり方が変わるのかも。

私たちは古い時代を知ってるから、肉体をベースにしたこうした世界観が崩れたら不安をを感じると思うけど、ゲームやパソコンやオンラインで、現在も少しづつ肉体をベースにしない世界がすでに広まってはいますよね。知らず知らずに慣らされている。こうやって少しづつ人類が変化変容しているのだと思います。

なので未来を不安視せずに、意固地にならず、淡々と日々こなしていくっていう姿勢を続けていくことが良いのではないかって思います。

明るくて反抗的なサビアンシンボルだ!

冥王星
山羊座 25度:東洋の絨毯の商人
CAPRICORN25:An oriental-rug dealer.

海王星
魚座 19度:弟子を指導する巨匠
PISCES19:A master instructing his pupil.

天王星
牡牛座 7度:サマリアの女
TAURUS7:The woman of Samaria.

土星
水瓶座 2度:予期していなかった雷雨
AQUARIUS2:An unexpected thunderstorm.

太陽
山羊座 9度:ハープを運ぶ天使
CAPRICORN9:An angel carrying a harp.

木星
水瓶座 3度:海軍からの脱走兵
AQUARIUS3:A deserter from the navy.

火星
牡羊座 27度:想像の中で復活された失われた機会
ARIES27:Lost opportunity regained in the imagination.


蟹座 9度:水の中の魚へと手を伸ばす小さな裸の少女
CANCER9:A tiny nude miss reaching in the water for a fish.

金星
射手座 19度:住処を移動するペリカン
SAGITTARIUS19:Pelicans moving their habitat.

水星
山羊座 15度:病院の子供病棟にあるたくさんのおもちゃ
CAPRICORN15:Many toys in the children’s ward of a hospital.

満月 蟹座 9度:水の中の魚へと手を伸ばす小さな裸の少女

少女にとって水の中の魚はまったく言葉も通じない存在だけど、その存在に興味を持ち、自分から関わろうとしています。小さな魚は水に住む=無意識の世界の存在。その無意識の中の何かに気づきそれを心から寄り添い仲良くなろうとしています。

満月は優しい気持ちで相手に関わったり、あまり関わりない存在に対しても心をオープンにしていくようなエネルギーに満ちています。

太陽 山羊座 9度:ハープを運ぶ天使

ハープという楽器は琴の仲間ですね。星空の星座にも「琴座」があるぐらいですからとても古い楽器です。それぞれの弦を調律していきます。調律は宇宙の調べを調律しているかもしれなくて、その浄化された楽器を天使が運んでいます。とても大事な調和の世界をもたらそうとしているとも言えるでしょう。太陽は抽象的な意図。そのためには月のサビアンの少女のように「水」の無意識世界、そこに住む住人たち、あるいは魚のようなまったく違う相手に対して親密さをもって関わりを持つことを目指していきましょう。

土星は 水瓶座 2度:予期していなかった雷雨

水瓶座の1度で新しい世界を打ち出し、2度ではそれを受け止める環境の様子が描かれています。あまりに新しいことをスタートしたので、予期してないショックを受けている環境が描かれています。土星がこのシンボルということは土星という構造化という働きが予期しない方向で打ち立てられるということかもしれません。それは世界の眺めでもあり、私たちの心の中に生まれていることでもあります。新しい世界に移り行くためには荒療治が必要なシンボルなのでしょうか?

先日グレートコンジャンクションだった木星も見てみましょう。

木星 水瓶座 3度:海軍からの脱走兵

sabiansymbols Aquarius3

海軍からの脱走兵です。軍隊という規律ある集団。これは山羊座のことかもしれませんが、そこからドロップアウトするシンボルです。もう古い集団にあわせていくことに我慢ができなくなり飛び出てしまうのですね。木星がこのシンボルということは反抗的な行動が多くなっていく・・・というようなイメージを持ちます。今コロナですが、個人個人によって日常の行動規範がぜんぜん違ってきていますよね。会食に行く人・・行かない人・・・映画館に行く人・・行かない人・・・

2020年年末の現状は、緊急事態宣言などの宣言はされていないので、ルールが厳しいというわけではないです。だからどっちつかずの状況からなんとかして逃げ出したい!というような信念が増えているということかもしれません。

木星土星という社会の天体は、混乱した状況を示しているように感じます。しかし太陽月は内面の同伴者を従えて混乱した世界にチューニングするのではなく自らの中にある理想にチューニングしなさいというメッセージだと思います。

この満月で意識すると良いこと

・周囲の変化に踊らされないこと
・我慢してきた環境があるならそこから離脱することも考えてみる
・無意識の世界と楽しみながら付き合う
・哲学やスピリチュアルなどの本をじっくり読んでみる


2020年も大変お世話になりました。

皆様の2020年の経験が良い糧となり、2021年それぞれの世界でさらに飛躍されますように!

来年もよろしくお願いいたします。

よしだ
よしだ

メルマガ発行中です!記事には書かないこともつらつらと書いております。よろしければご登録お願いします。

メルマガ

1月のワークショップ・講座

1/5土曜 初夢を語る会 灯台屋さんとzoomにて
夢分析を受けているので夢に興味を
持っています。みなさんと初夢に
ついて語る会です。
1/17(日) サビアンシンボルzoom講座
2021年1月下旬〜占星術動画講座スタート
西洋占星術ホロスコープ鑑定
1/16土曜 タロット練習会
1/23土曜 タロットパスワークお絵かき
タイトルとURLをコピーしました