タロット占い勉強の方法

タロット占いの役割

右脳と左脳を行き来する柔軟性のあるトレーニング 1、タロットはみんなが忘れてる直観を鍛えるトレーニング 直観の鋭さは才能ではなく、使い方を思い出すだけ!だと思います。心の切り替えがうまくいけるようになると、ぼーっとすることがうまくなると、キ…

タロット占いの勉強の仕方16 逆位置の考え方

1、タロットの逆位置をどう読もうか?タロットの意味を1枚ずつ少し覚え始めたころ、ドカンと立ちはだからる壁が「逆位置」という考え方ですね。逆位置・・・・さかさまにでていること。これ、正逆で白か黒かみたいな両極で考えすぎると「わけわかんねぇ~~~~!」

タロット占い勉強の仕方 15 2枚をミックス組み合わせる

1、色を混ぜるように意味もまぜあわす2枚のカードの意味を言葉で織り交ぜる練習は「結びつける」という意味でひじょーーーーーに大事です!!例えば、

タロット占い勉強の仕方 14 カードの意味の階層をたくさん持て

1、象徴解釈は様々なレベルで意味があるタロットも西洋占星術もそうですが「象徴」を読むということは、一つの事象から多層的な意味を読み解いていくことです。タロットカードにもいろいろな読みの階層があります。①絵からの直感絵の中に描いてあるもので気になるものから読み解く。②数の原理で、どんな数字の意味かで読む③言葉での意味比較的勉強しやすい部分。いろいろな方の著作を

タロット占い勉強の方法13 直感読みタロット練習法

1、1枚引きはチャネリング?このあいだのタロット練習会のとき、参加者の方の「今後のやるべき仕事はどんなこと?」というお題の1枚引きをしました。1枚引きって、言葉だけ覚えてるだけだと、かなり難しくないですか??でもあえて1枚引きでいろいろ出してみたのです。こういう場合は、いろいろなタロットの

タロット占い勉強の仕方12 感情に寄り添う言葉小アルカナ

1、タロットでの感情の読み方小アルカナを使うとより詳細に読めます。人間の心理のバランスはおおまかに4つと考えましょう。西洋占星術の基本的なエレメント(火と土と風と水)が人の心理バランスの要素となっています。そして心理学者のユングもタイプ論という中で人の性格分類をしています。直感、思考、感情、感覚の4つの分類をしています。そしてこのエレメントとユングがわけた4つの分類

タロット占いの勉強の仕方その11 主題の求め方

1、展開したらおおまかな主題をつかみましょう3枚引きでもヘキサグラム7枚でも、そしてケルト十字でも、「大事なカード」というのがあります。(78枚全部使うことで考えます。)そこから主題のあたりをつけておきます。私の見るときに「大事なカード」として見る基準ですが1、大アルカナ(22枚の絵札) 2、小アルカナの同じ元素

タロット占い勉強の仕方10 イメージを見て言葉にする

1,イメージを言葉にするということタロットを読むときは私は直観を大事にしたほうがいいよ!ということを書いていますが、こういうことを大事にしているのは、以前ギャラリーに勤めていた経験が大きいです。ギャラリーでは芸術家である作家の制作した絵や版画が商品です。その広告のためにお知らせハガキを作家ごとに作成すするのが業界の常識です。作家自ら作成することもありますが、ギャラリー側

タロット占い勉強の仕方8 現実にできるだけ落とすこと

1、タロットはできるだけ具体的に言葉を選び、曖昧さをなくしていきましょうタロットをうまくなるためには、言葉を「現実に落とす」ことが大事です。タロットを選択する人って「辛口」なものを求めています。以前の生徒さんでオラクルカードをやっていた方がおっしゃってました。「オラクルは優しいメッセージで疲れているときはとてもありがたい。でも現実のもっと厳しい面が知りたい場合はタロットぐら

タロット占い勉強の仕方 7 未来はいつまで読む?

1、未来は決まっているのだろうかタロット占いでは「過去、現在、未来」という3枚読みというのをよくします。未来はいつぐらいまで読みますか?との御質問があったので、私のやり方と考え方をお知らせしようと思います。特に、期日を決めなければ、タロットは3ヶ月ぐらい先と設定しています。それより先はなんとなくぼやける感じですね。もっと俯瞰的に人生の大きなバイオリズムを見たい場合は西洋占星