タロットの9枚引きのやり方

タロット 9枚スプレッド例

1、9枚で読むタロットスプレッド

私がタロットや占星術を習った人は松村潔氏なのですが、松村氏はこんなスプレッド考えています。

画面を9マスにわけて、位置情報を決め、絵や立体、写真、人体オーラまですべて解読できる、「ライフシンボル」の考え方をタロットに応用しています 。

という意味がついています。

「特にないんだけど全体を見てもらいたい~~」という時、全体のエネルギ-を客観的に把握したいときに使います。例を見ていきましょう。

実際のタロット 読み例

タロット 9枚スプレッド例

1枚で出しているのが土星です。

惑星の場所の意味

9枚の意味を大まかに把握する

下3枚は個人的な様子。真ん中4枚は社会的活動の様子。上の3枚は潜在意識下で受け取っているもの。

全体を見て大アルカナの出ているところは、質問者の大事なテーマです。

右上海王星(夢やビジョン・スピリチュアルな世界)が節制。左真ん中火星(行動や積極性)。左下水星(考えやコミュニケーション)にタワー。下真ん中月(私生活やベースの感情)につられている男の逆位置。

海王星の位置には節制

タロットウェイト版節制

夢やビジョン(海王星)を大事に自分の中で描いているように感じます。注意深くカップの水を注ぎ合っています。水は意識や心ですので夢見る気持ちをああでもない、こうでもないとかき混ぜているようです。
節制は左右にぶれずニュートラルな世界ですからスピリチュアル(海王星)に対して特別思い入れもせず淡々と受け取っているようですね。

節制 持ってるアイテムに注目

そこで私が気になるのは節制はカップを持っています。そうするとこの9枚にはカップが出ているのですよね。

金星(美の価値)位置にカップ10逆。太陽(今のテーマ)位置にカップ7の逆。両方とも逆です。

今まで素敵だな〜って思っていたことが意味をなさなくなり、つまらなくなってしまうという感じです。下のカードは今の現実で目にしていることですから、今まで愛を注いでいたことの本当の姿を知ったり(カップ7逆)、それによって仲良しの関係が面白くなくなった(カップ10逆)という意味になります。

それは新しいビジョン(海王星位置の節制)がもたらされているからだと言えるでしょう。そのビジョンは心の奥では新鮮で素敵だと思えますが、現実的にはそのビジョンに乗り換えるには、いろいろな試練がありそうなカードが出ています。

火星位置にははっきりさせたくない月

タロットウェイト版月

火星という男性的で表側にでていくようなエネルギーの場所が月という秘密のカードがでています。ということは、新しいビジョンや夢にシフトするということに本当は気付いているのに曖昧にしておきたい・・というエネルギーが強い意味になります。

サイキック的な見えないエネルギーを感知する力も今高まっていて、相手の怪しい行動を気付いているのだけど、気付きたくない・・という状況なのかもしれません。

このカードは月=感情という意味にもなるので先ほどのカップのカードと響き合います。感情的に今とても揺らぎの大きい時期のようです。お酒や薬などに依存しないほうが良い感じがします。

拡大発展の木星もおやすみモードのソード4

タロットウェイト版ソード4

木星も本来はラッキーで拡大傾向があるのですが、ここでは「お休み」を拡大したい・・という意味になります。

あまり社会的に活動してみんなとワイワイやりたくない。引きこもって家でベットで寝ていたい・・・。

ソードはコミュニケーションですから、相手に対して鋭く突き詰めたりすることはやりたくないのでしょう。何か伝えたいことや決定しなくてはいけないことがあるのですが表向きにはまだまだそれを出したくない様子です。

水星位置にはタワーが

なぜここで休んでいるかというと、水星位置にタワーがあり、すでになにかショックなニュースが響き渡ったのかもしれません。

タロット ウェイト版タワー

何かすでにびっくりするニュース、ショックなニュースを聞いてしまったからこそ、ソード4で引きこもりになっているのだと感じます。
ここまでのカードで話だけで、イメージが浮かんでしまいます。「愛している人の浮気がバレて(タワー)ショックを受けている。しかし対外的にはあまり外に出したくない(月・ソード4)相手のこと本当の姿を知ってしまった(カップ7)、それによってもう会いたくもない(カップ10)。

この場合出方はアドバイスは土星を読む

タロットウェイト版エース

アドバイスは出方によってどこを読むのか違ってくると思いますが、この出方は土星の場所が気になります。このカードは今までの「曖昧な」カードとはまったく違うカードですね。この「周りと違うカード」っていうのが見どころのポイントですよ。

このカードは情熱ややる気、怒り、戦いのスタート。

これは曖昧な状況に対して、怒りをもって対処せよと言っているようです。の質問者は相手から失礼な扱いをされたのかもしれません。ひどいことをされてもう話すのも嫌だ(ソード4)になったのかもしれません。でもそこで泣き寝入りせず、言いたいことをはっきりさせて、状況を変えることをしないといけないようです。

まとめ

このような形で全体をみていくと良いでしょう。

9枚だと多いなぁと思う方は、最初裏側に並べておき、お客様には裏のまま気になった場所3カ所を選んでもらって、その3枚で表にしてそこだけ読んでいたことも良いでしょう。9枚は時間もかかりますし・・・

お客様の占星術ホソロスコープを参考にしながらやると、かなり詳細な話ができるのではないかと思います。

お勧め書籍↓

タイトルとURLをコピーしました