魚座の海王星木星コンジャンクション

あなたの無意識のメッセージに耳を傾けよう

2022年の4/12~13にかけて海王星木星コンジャンクション(重なり)のタイミングです。「魚座」で支配星と副支配星がかさなるのは166年ぶり。魚座の意味が集合無意識(海王星)から大勢の人の信念(木星)に浮かびやすい時です。魚座はスピリチュアルな意味もありますけど魚座って混沌の極みでもありますよね。

私は、魚座について2021年10月開催した「神話ベースの占星術基礎講座」で、社会状況の混沌の極みを考えていくと戦争状態になのではないかという考えから、とある映画をあげました。ちなみにその映画監督は金星木星魚座の人です。

その中で魚座らしいポイントを何個かあげました。そして極限状態で狂わずにいるにはどうしたらいいのか?っていう話をしたのですよね。

今の世界の状況は、まさに混沌の極みです。

人間の深層心理では、混沌状態は飲み込まれるような怖さを引き出すから、その反動でどうにか秩序立てします。秩序は乙女座ですね。毎日のルーティンワークはそんな混沌から立て直す大事な方法だと思います。そして無意識の世界からの影響の強さを知っていて見えるものより見えないものを大事にします。そんな魚座に支配星と副支配星が入っているから、見えない世界のエネルギーは活性化する=混沌も広まるわけですね。そんな中で無意識のエネルギーに飲まれずに自分を保つことは大事になってくるでしょう。

魚座は、社会的に弱い立場の人や動物や植物を愛し大事にする心も持っています。世の中から忘れ去れてしまった中心から弾き飛ばされたものをもう1度見直していけます。

海王星はいつ発見された?

フランス人天文学者ユルバン・ルヴェリエの予測に基づき、1846年9月23日から24日の夜に[1]、ベルリン天文台でヨハン・ゴットフリート・ガレがハインリヒ・ダレストとともに行った望遠鏡観測で実在が確認された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/海王星の発見

海王星は最初恒星だと誤認されていたりして、なかなかパッキリ決まらなかったようですね。発見の翌年1847年に魚座に入っています。1853年、日本では黒船が来航していて、鎖国していた日にペリーが来航。日本にじわじわと開国、海王星が侵入してきた時のようです。海王星は目に見えないけど、集合無意識にじわじわ訴えかける理想・魔法の力を持っています。海王星っていう夢・幻をもとめて人間はいつも彷徨っているのですよね。

そして海王星木星のコンジャンクションは以前は1856年に起こりました。この年の出生で有名なのは心理学者、精神科医、夢分析を始めたフロイトですね。

蠍座のアセンダントは深い洞察力が備わった資質だと言えるでしょう。裏側を見届けるという蠍座の在り方がこの人物の基本です。ルーラーは冥王星と火星です。火星は1人でぽつんと違う半球にいて大事な惑星ですね。天秤座の火星ということで古典的にはデトリメントと言われるよくない配置ですが、古典ではないのでそのようにウィークポイントとして考えない方がよいですね。天秤座の平和な国で戦うわけですから、スマートに戦う、相手と交流する積極性があります。

そして夢の世界に誘われる月と海王星のスクエアもバッチリありますが、双子座土星で、魚座の木星とスクエアを持っています。魚座木星で広げたものを土星で確実に言語化して識別する力が非常に強いしそれを課題としてやりとげた人なんではないでしょうか。厳格さがあります。

太陽は牡牛座で自分で感じたものが1番!という人生テーマを持ってると思います。冥王星もある世代だし目に見えるものや現実性を大事にしていく人だったからこそ、ある意味危険でもある無意識の探求に乗り込めたのかもしれません。

海王星と木星は何を人類にもたらすのか

フロイトの時代の魚座の海王星と木星は「無意識」を開拓していきました。夢という毎晩見る迷信のような世界を学術的な世界に引き下ろして、適切に扱えば無意識は素晴らしいパワーを与えてくれることがわかりました。

では2022年は何なのでしょう?

現在考えられるのは海王星象徴は、見えないウィルス・放射能などではないでしょうか。海王星は幻想の世界なので天王星のシンボルも入りますが今後メタバースなども入ると思います。

素敵なもののようにみえて「素敵!」と魅入らすのが海王星の世界。でもほんとは幻で儚いものです。現在海王星と山羊座の冥王星が60度なので「国家って幻だったのか!」ってことがますます増えていくのではないかと思います。

この混沌極まる2022年に私たちができることは、内面と繋がって自分の中心に居続けることではないかと思いますよ。

よしだ
よしだ

メルマガを新月満月ごと月2回お送りしています。よろしければご登録くださいね!

メルマガ

タイトルとURLをコピーしました