傷ついたヒーラー 占星術のカイロン

天文学カイロンの意味

カイロンは天文学的にはどんな天体でしょうか?

キロン またはカイロン (2060 Chiron, 95P/Chiron) は、彗星・小惑星遷移天体のひとつ。土星と天王星の間を巡る軌道にある。1977年、パロマー天文台でチャールズ・トーマス・コワルによって発見され、ギリシア神話に登場するケンタウロスの一人、ケイローンにちなんで命名された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/キロン_%28小惑星%29

1977年に発見されました。土星と天王星の間を回っている星なんですね。この土星と天王星というエネルギー的に差の大きい天体の間を回るところがポイントですね。

神話のカイロンについては頭が人間で下半身が馬です。ケンタウロス一族は非常に暴れん坊な一族でしたがカイロンは出自が違うからか賢い素晴らしい賢人です。

一般的には年老いて賢い、心の優しい馬人に描かれている。彼は母親と共にペーリオン山の洞窟の住み、ひろく薬草を試みて医術に長じ、薬草を栽培して人々を助けること数を知らなかった。また気立の優しいところから母親と一緒に人間の子供を預かって育てた。

呉茂一 ギリシア神話 新潮社 p293

心優しき癒しの人、教育者というのカイロンの象徴です。治療という意味では健康管理の乙女座の意味も浮上してきます。薬草を使って(地球の植物)を使って体を良くしてくれるとても現実的ですよね。教育だと射手座や双子座になりますね。また小さい子供を預かるのは蟹座の養育の意味も入ってくるでしょう。

しかしカイロンは育てたヘラクレスに間違えて毒矢を射られてしまいます。ヘラクレスはケンタウロス族と喧嘩になってしまっていたのです。カイロンは暴れんぼうのケンタウロス族からは異色な存在でしたがまあみてくれは一緒の一族の争い事に間接的に巻き込まれて犠牲になってしまいました。自分は悪くないのに他の家族のために傷を負う・・というシンボルも浮かんできますね。

彼は不死身だったので苦しいまま、死ねなかったのですね。他人は癒していても、自分自身は癒すことができなかった。カイロンが「傷ついたヒーラー」と言われるのはそのようなエピソードからです。カイロンはその人の弱点・脆弱さを表しているのではないでしょうか。

カイロンはその人のもつ魂の傷を表していると言われます。でもそれがあるからこそ他人を理解し癒すことができると言われます。でも自分の傷口をみたいと思う人は、そんなにいないと思うのですよね。

牡羊座カイロンは1968年から1977年生まれの人が持っています。私は牡羊座のカイロン世代です。牡羊座のストレートに行動していくことに対して、傷を受けている世代かもしれません。それぞれのサインで傷を受けるイメージが違ってきます。

ではカイロンの力をどうやってみんな使ったら良いのか?カイロン発見のチャートからちょっと特別にカイロンの潜在能力を見ていこうと思います。地上にこの日認識されたカイロンはこんなキャラなんですよというイメージで読んでみたいと思います。

カイロン発見のチャート

Chiron discover chart

強力な養育者

時間はastododatabankに掲載されていた時間を使っています。アセンダントは射手座。うーんここからすでにカイロン一族をイメージしますね。人間の頭を持ち体は馬でエネルギー溢れています。アセンダントの支配星木星は7ハウスにあり対外的に鷹揚さや楽天性をもたらす存在であると言えるでしょう。蟹座の月でまさに養育者としての顔です。月も木星も蟹座のルーラーとエグザルテーションなのでとても強いですね。なんとお世話好きなんでしょう!と思います。癒しというのは「つながりの回復」によって行われると思うのですが、蟹座の本当の良い母性との回帰をカイロンは強くもっているようですね。ちなみに神話のカイロンも母親と一緒に住んでいましたのでお母さんのこと大事にしてますよね。

蟹座と天秤座の違い

蟹座の月はMCと90度となっています。みんなが思うカイロンの社会活動は多くの人に注目を浴びて多くの人と関わるということです。でも月の気持ちはそんなに多くなくていいから家族みたいな仲間の中で活動をやっていきたい欲求があります。MCにはドラゴンヘッドがくっついているためカイロンの活動は多くの人に持てはやされます。さらには冥王星も近くにあるため強迫的な感じですよね。月に対しても冥王星が小さなグループで満足することなくもっと多くの人と関われと言ってきているようです。ルーラーの金星も天秤座で多くの人と関わることも好きだし、自分が大勢の人に知られることも価値をしているようですね。またICにはエリスがありますね。エリスについてはこちら

エリスは不和の女神です。カイロン出生図のICは一族の争いといったところか!

太陽は蠍座 

大事な太陽は蠍座であります。蠍座はいろいろな感情を受け止め変容させる力があると思います。苦しいことも悲しいことも深く体験していこうとします。その途中で深い闇も体験するでしょう。闇には簡単に切り分けられない人間の様々な情念が眠っています。そのどうしようもない切り分けらたくないエネルギーを味わいたい。でも人間は個々の存在になってしまい、一心同体になれるのは本当に愛する人と一瞬だけ。その濃厚な1瞬をおいかけていくのだと思います。

太陽は父親像でもあるので気になりますね。カイロンのお父さんは誰でしょう?

馬の姿に身を変えたクロノスがオケアノスの娘ピュリラーこの名前の意味は「菩提樹」であるーと交わってケイロンを産んだという。

カール・ケレーニー ギリシアの神話 神々の時代 中公文庫 P197

お父さんはクロノス(土星)なのでゼウスの異母兄弟ということですね。クロノスはゼウスと戦いに負けた後はギリシア神話にほとんど出てきません。

太陽は11ハウスに入るあたりにあります。未来にどうなりたいかと考える部屋ですね。太陽のそばには天王星があり、カイロンはそれまでの常識を打ち破るような存在となるということでもあるでしょう。

またこの図では父親を表す土星(=クロノス)はアスペクト少ないですね。でも天王星と72度です。カイロンは土星と天王星の間を回る星でしたよね。土星は見える固定された世界、天王星は電気や化学物質など見えないけれど影響ある力の世界です。見える世界や常識を壊すのが天王星なのです。この間の橋渡しをするのがカイロンですが、72度は創造の度数なので、その意識の橋渡しを工夫をしてやっていこうとします。これは強力ですね。

カイロンは何を癒そうとしているのか

カイロンの元型はギリシア時代から存在していましたが、宇宙の星として発見されてからは人間にその元型が認識されたということになります。この時発見されたカイロンの優れた点は強力な蟹座月木星の配置から良き母性と再びつながることが、この日付に発見されたカイロンの素晴らしいところです。(実際の「お母さん」でなくて元型的な良き母親との関係性としてです)

この世での本当の「安心」を感じることをカイロンは重要だと言っています。またこの母性は時々息抜きも必要で、程よい距離(蠍座天王星120度)は自然と発生させてくれることも約束しています。

また牡牛座にカイロン(傷)があることから、体の痛みがあるのに鈍感になっている人間の様子が現れているのかもしれません。このカイロンは獅子座の火星とスクエアで、熱い痛みを伴うような傷を負っているように感じてしまいます。本当に大事な肉体を再確認しケアすることもカイロンのエネルギーを使うことになるでしょう。肉体治療は乙女座です。9ハウスでより先進的な学術とともに治療技術は進んでいくででしょう。ルーラー水星は蠍座にあり地道に研究していけそうです。天王星というテクノロジーとセレスという大地の植物の女神に挟まれているので、現代の科学的態度をつかった植物治療(アーユルベータ)などは一層大事になってくる時代となるかもしれませんね。


よしだ
よしだ

メルマガを新月満月ごと月2回お送りしています。よろしければご登録くださいね!

メルマガ
タイトルとURLをコピーしました