土下座アスペクト 歌舞伎役者ホロスコープの特徴

最近、新橋演舞場に歌舞伎を見に行って楽しかった!んですよぉ!市川海老蔵さん主演の石川五右衛門を見てきたんです!!舞台装置もレトロな感じでね、ほのぼのしますよね。歌舞伎俳優さんは毎日あれだけ体使って仕事するってすごいことだよなぁ・・・と思いました。歌舞伎俳優さんに興味を持ち始めましたので、出生チャートを見ているんですが、香川照之さんの歌舞伎入り・・を思い出していたのです。

香川さんは歌舞伎俳優、三代目市川猿之助さんの息子さんですが、小さい頃離婚されてお母さん、浜木綿子さんに引き取られ育てられたので、歌舞伎には無縁で育ちました。しかし役者の魂・・・は濃くあったのでしょう。

様々なテレビ・映画で役者として実力を発揮されてきました。香川照之さんといえば「半沢直樹」の大和田常務役。私はテレビがないのでリアルで見ていないんですけど・・・・・相当な重厚感。

そしてなんと2011年に歌舞伎入りされたのですね。本当に相当な覚悟がだったのだろうと思いますが、父3代目猿之助さんとの「父と子」というドキュメンタリーを見てさらにそれをリアルに感じました。

香川照之さん 1965年12月7日東京生まれ(WIKIより)

太陽に対して冥王星天王星、土星のスクエア。太陽が無意識におられているのが太陽冥王星スクエアとよく言われます。太陽は父親像であり土星も父親ですよね。冥王星がからんでとてもパワーがありすぎる強大な父親イメージ。

冥王星は地獄のハーデスですから、この冥王星とカイロンのオポジションは飲み込まれるような恐怖によって傷がある・・と読めます。

天王星はギリシア神話の最初にウラノスとガイアが別れたように「分離」させますね。人間関係が分離すると悲しみが生まれます。分離は悲しみを生じさせます。この天王星ともカイロンは180度。・・・といってもこの世代の方は同じような配置もっているのでこの人個人ではなく、世代の持つ「傷」ということになります。その傷を知りながら自分の人生(太陽)を作っていくのは、その補償作用、テンション高くして自分の人生を照らしていくことになるのかなと思います。

youtubeを探すと半澤直樹のドラマで土下座するシーンがありました。あの屈辱の苦しみぬいた表情・・・・太陽意識は屈辱を持ってへし折られる・・・・・・・。まさにあの大和田常務の土下座の中にこのアスペクトが表出しているように感じます。

太陽は太陽系の王様でいつも輝いて明るくみんなを照らしていきたいのに・・・!かっこいいヒーローが闇の手に落ち、拷問を受けているような感じがします。みんなの愛するヒーローがやられてしまう!映画でもそんなヒーローが相手にやられているシーンは見たくないものですよね。

冥王星は蠍座の支配星なので闇の王様です。スクエアですから表側の意思でなく裏側の冥王星の意思がいつもふと気が緩むと入ってくる。だからこの裏側の意識して生きなくてはなりません。

冥王星は死そして再生・・・を意味します。だからダメなったとしてもそれは一時的なもので、新しい自分になるための通過儀礼ということが後からわかります。

太陽は射手座で自由闊達、壮大でおおらかに人生テーマを推進していきたいですが、冥王星は乙女座で完璧性や細やかさを目指します。太陽の輝きたい意思から見ると冥王星のささやきはやりたくないことです。しかしそれと取り込むとこの人の人生は怖いぐらいに飛躍するでしょう。

射手座太陽で乙女座冥王星や土星スクエアを持ってる人は、太陽と土星スクエアが市川海老蔵さん、太陽冥王星ゆるくスクエア・水星冥王星タイトなスクエアが市川右団次さんです。

この3人は男らしくワイルドな役柄がぴったりですが、「型」の世界(これは乙女座)に弟子入りして日本の伝統的な「男性の型」が降りてきてる役者さんなのでしょう。

香川さんのホロスコープに戻ります。射手座太陽と魚座土星スクエアがあります。太陽は二つの惑星からダメ出しされています。土星(父親)との対立とも言われます。土星は見える形で、意思(太陽)を否定をしてくる力でもあります。「お前はここが足りないのだ」と足りない欠乏を指摘してくるのです。

太陽は怖いおじいさんにチェックされていると、いつもおろおろしてしまうし、堂々とできませんね。だから太陽土星は努力のアスペクト。この土星の監視下で血の滲むような努力をしていき、諦めずに努力すれば大成していきます。まぁちょっとイバラの道を歩む感じがしますけどもね。
さらに冥王星土星はオポジション。この同じ年齢の方が持っている強いアスペクトですね。徹底的な(冥王星)責任(土星)になりますからヘビーさ最大級です。でも、冥王星は再生の星、土星も努力をすれば見方になってくれる星でございます。この重たいアスペクトは、良い方向で考えると、歌舞伎入りという決断とも読めます。

大きな大きなプレッシャーと責任を持った行動けど、冥王星もありますから、運命的な要素が含まれそこには個人の意識より、より大きなものの意思に動かされた結果を感じます。

香川さんの場合は土のグランドトラインが出来ていて、そこに冥王星天王星180度土星と、海王星180度月のカイト二本がささっていて、土の伝統的な芸能や型の世界を、ずっとやっていけるパワーがバリバリにあふれているのでございます。

火星と金星山羊座ですから、こういう伝統的な世界が大好きなのだと思いますし、この伝統を続けたいという価値があるはずですよ。

大きな責任を背負い、確実に結果を出し続けることが、歌舞伎の世界でも出来るのではないでしょうか。グランドトラインは1度回り始めるとずっと回り始め休みことを知りません。

本当に本当に大きく飛躍すると思います。



2020/9追記
半沢直樹シリーズ最終回がありましたね!相変わらず濃い存在感。



2022・8追記 
3年前のセクハラ事件が報道されて、生放送で謝罪したとのこと。土下座こそなかったけど・・・・こんな謝罪はみたくなかったですねぇ。

被害女性の方はPTSDになったそうです。このようなセクハラ被害に後々まで苦しんでいる人を知ってる私としては、他人事ではないです。

生放送のあった日のトランジットは太陽に対しては特に目立つアスペクトはなさそうです。過去隠れていたものが発掘されるようなことは、ハウスがわかれば8ハウスなどみたくなりますが出生時間がわからないので詳しくは見れません。

急な出来事は天王星みたくなりますが、出生時間が朝4時ぐらいに仮定すると月が19度なので天王星と合になりますね。私生活のどんでん返し。思わぬ出来事。この時間だと出生の月は海王星とオポジションで、キロンとも60度。月はとても傷も受けてるけど、海王星の大きな慈愛によって愛されるている。良くも悪くも理想主義。その理想に飲み込まれている様子、脇の甘さでもあります。あるいは理想像への無意識の一体化。これがあるから神がかり的な役者ができるのだとも思います。お酒で飲まれることも月海王星。

出生の太陽の状況は非常に厳しい。だからこそバランスをとっている出生ホロスコープにように思えます。

トランジット社会的ルールの土星は1番気になります。ネイタル海王星月にTスクエアになっています。脇の甘いところに水瓶座土星がきています。水瓶座は自由と平等、公共や未来のために理念を持ち協働することです。牡牛座と蠍座は肉体や情感の本能を愛しますが、水瓶座土星は理念のためならそれを切り捨てるし、社会的な道義をモットーにしています。

この方のドラゴンヘッド(真位置)はサビアンシンボルで双子座5度「過激な雑誌」このヘッドに火星がアプライでコンジャンクション。双子座の火星で情報として世の中に多く触れてしまったようです。この方はいつもあっと驚くことやりますよね。歌舞伎入りも昆虫の仕事も・・・ドラゴンヘッドは前世からのやろうとするポイントとよく言われます。この人のヘッドは世の中扇動しようとしてきたのかなと感じてしまいました。

この人は父親・母親とのシナストリーでみると興味深いのでこれはホロスコ読み会で話そうと思います。

いろいろな芸術家のホロスコープを読んでみました

芸術家の大事なホロスコープの特徴を考える

インパクト求めて過激な表現へ 写真家のホロスコープ

濃い女性性をコルセットでとめてしまった 画家のホロスコープ

政治的活動でスジを通すチェロ奏者のホロスコープ

トランジットとソーラーアーク読み方 超絶ラッキー時期の配置 有名指揮者のホロスコープ

土下座アスペクト 歌舞伎役者ホロスコープの特徴

出生ホロスコープ読み方 はかない世界に没頭するピアニスト 

『ナイスですね!』アスペクト 出生ホロスコープの特徴

社会構造を鋭く射抜く写真家ホロスコープリーディング

タイトルとURLをコピーしました