土下座アスペクト 歌舞伎役者ホロスコープの特徴

最近、新橋演舞場に歌舞伎を見に行って楽しかった!んですよぉ!石川五右衛門を見てきたんです!!舞台装置もレトロな感じでね、ほのぼのしますよね。

歌舞伎俳優さんは毎日あれだけ体使って仕事するってすごいことだよなぁ・・・

最近は、歌舞伎俳優さんに興味を持ち始めましたので、出生チャートを見ているんですが、香川照之さんの歌舞伎入り・・を思い出していたのです。

香川さんは歌舞伎俳優、三代目市川猿之助さんの息子さんですが、小さい頃離婚されてお母さん、浜木綿子さんに引き取られ育てられたので、歌舞伎には無縁で育ちました。しかし役者の魂・・・は濃くあったのでしょう。

様々なテレビ・映画で役者として実力を発揮されてきました。

香川照之さんといえば「半沢直樹」の大和田常務役。私はテレビがないのでリアルで見ていないんですけど・・・・・相当な重厚感。

そしてなんと2011年に歌舞伎入りされたのですね。本当に相当な覚悟がだったのだろうと思いますが、父3代目猿之助さんとの「父と子」というドキュメンタリーを見てさらにそれをリアルに感じました。

香川照之さん 1965年12月7日東京生まれ(WIKIより)

太陽に対して冥王星天王星、土星のスクエア。太陽が無意識におられているのが太陽冥王星スクエアとよく言われます。

youtubeを探すと土下座するシーンがあったのですがまさにあの大和田常務の土下座の中にこのアスペクトが表出しているように感じます。屈辱のあの苦しそうな表情・・・・太陽意識は屈辱を持ってへし折られる・・・・・・・。

冥王星は蠍座の支配星なので闇の王様です。表側の意思でなく裏側の冥王星の意思をいつも意識して生きなくてはなりません。太陽の輝きたい意思にしてみたらちょっとやりたくないことでもあるのがスクエアですが、それと取り込むとこの人の人生は怖いぐらいに飛躍するでしょう。

太陽は射手座で自由闊達、壮大でおおらかに人生テーマを推進していきたいですが、冥王星は乙女座で完璧性や細やかさを目指します。

そして太陽と土星スクエアは、土星(父親)との対立とも言われます。土星は見える形で、意思(太陽)を否定をしてくる力でもあります。「お前はここが足りないのだ」と足りない欠乏を指摘してくるのです。

だから太陽はいつもおろおろしてしまうし堂々とできませんから、余計努力をしていき、諦めずに努力すれば大成するのだと思います。

冥王星土星はオポジション。この同じ年齢の方が持っている強いアスペクトですね。

徹底的な(冥王星)責任(土星)になりますからヘビーさ最大級です。土星があることで「さぁ責任とってもらいましょう」みたいな感じで現実に表出しやすいのではないかと思われます・・・。

でも、冥王星は再生の星、土星も努力をすれば見方になってくれる星でございます。この大和田常務の重厚すぎる土下座アスペクトは、良い方向で考えると、歌舞伎入りという決断とも読めます。

大きな大きなプレッシャーと責任を持った行動けど、冥王星もありますから、半ば運命的な要素も含まれ、そこには個人の意識より、より大きなものの意思に動かされた結果を感じます。

香川さんの場合は土のグランドトラインが出来ていて、そこに冥王星天王星180度土星と、海王星180度月のカイト二本がささっていて、土の伝統的な芸能や型の世界を、ずっとやっていけるパワーがバリバリにあふれているのでございます。

確実に結果を出し続けることが、歌舞伎の世界でも出来るのではないでしょうか。グランドトラインは1度回り始めるとずっと回り始めるっていうでしょう・・!

本当に本当に大きく飛躍すると思います。