濃い女性性をコルセットでとめてしまった 画家のホロスコープ

1、愛され方と愛し方に落差のありすぎのホロスコープチャート

フリーダカーロ。大事故にあいながらも絵を独学で学び、女性シュル レアリストとして有名な人です。

痛ましい事故の結果、体を悪くして、とても痛々しい絵も描いている。見てるとほんと胸が痛くなります。

でも力強く凛々しい自画像 なども描いている。生きる情熱をカンバスに描き切ったような人です。

wikiより
経歴

コヨアカンの出身。ドイツ系 ユダヤ人移民でルーマニア・オラデア出身の写真技師の父・ヴィルヘルム(メキシコ移住後は対応するスペイン語名のギジェルモに改名)とメキシコ先住 民の血を引く母・マティルデの間に生まれた。6歳の時にポリオに罹患して右足が不自由になる。また二分脊椎症を患っていた。更に1925年9 月17日、乗っていたバスが路面電車と衝突し、肩の脱臼、肋骨・鎖骨・背骨・骨盤の骨折、右足の粉砕骨折など瀕死の重傷を負った。

入院中に 絵を独学で学び、ディエゴ・リベラにその才能を認められ、1929年8月21日にリベラと結婚。しかしリベラとフリーダ双方の浮気(フリーダはバイセク シュアルであった)や、バス事故の後遺症に伴う流産などが重なって1939年に離婚するが翌年復縁し、以降は怪我の後遺症に苦しみながら創作活動を 行う。ヨーロッパ的な感性にインスピレーションを得、知的かつ特徴的な独自のシュルレアリスムは、フランスのシュルレアリストに高く評価された。

メ キシコで最も有名な画家の1人で、特にイサム・ノグチやレフ・トロツキーとの不倫など、その奔放な恋愛遍歴は、メキシコやラテンアメリカの女性の理想像の 1つとされ、何度か映画化されている。メキシコ共産党員でもあり、居室にヨシフ・スターリンの肖像を掲げて暮らしていた。

1953 年、右脚を切断した。

1954年7月13日、肺塞栓症で逝去。47歳没。コヨアカンにある彼女の生家・通称「青の家」(La Casa Azul)は、現在「フリーダ・カーロ博物館」となっている。

アストロデータ バンク

ホロスコープリーディング フリーダの太陽と月

フリーダカーロは1907年7月6日生まれ。

月は牡牛座30度。太陽は蟹座の14度。

太陽は蟹座なので家族やその親密につくっていく関係性が大事です。また養育と言う意味もあるんで子供や生み出したものを大事に育てていくという意味になるでしょう。彼女の場合は「絵画」です。絵画を、特に自画像を描くことで自分自身を「養育していた」のではないかと感じます。

家族というグループは大きくしていくと民族になります。彼女はメキシコの民族を代表する芸術家として有名です。とても強い絵を描きます。メキシコのお土産を見るとカラフルな色のものがとても多いですがあの強烈な色彩はフリーダの絵画にもみられますよね。強烈な色彩は強烈な太陽の土地で生まれる。生きるエネルギーに満ふれた世界。

月 は牡牛座30度です。サビアンシンボルだと孔雀度数ですね。伝統的な文化の世界をこの世で作り出し派手に練り歩くという度数。アーティストとして何か職人的につくっていきたい欲求があります。美しい文化を大事にします。

実 感を込めて世界を味わいたい、モノから安心感を得たいという欲求。または芸術を作り出したい気持ち。それによって心を安定させ仲間や家族と共感する力で満たして行くことを目指すという太陽と月の対比があります。落ち着いていますよね。

この組み合わせは保守的な感じもします。蟹座と牡牛座ルーラー同士は月と金星ですからこれはミューチュアルレセプションですね。だから蟹座と牡牛座はとてもイキイキしている。

とても女性的な組み合わせです。家族の存続のために芸術&経済活動です。芸術活動には仲間や家族が必要です!という強いつながりがあります。

蟹座は「母親」のシンボルでもありますが、彼女は子供を産むことができなかった。その中で自分の気持ちをカンバスにぶつけていたのではないかと感じます。

アセンダントは獅子座MCは牡牛座

アセンダントはしし座。

何か とりかかるときに劇的な表現をしたり目立つこと、変わっていることへ行動を起こしやすい。または世界に対して堂々と王様のような態度をとる。世界はドラマチックであるという考え方。獅子座のアセンの人は無意識にそういう雰囲気になる。本人全然わかってないことが多いけど。

彼女の風貌はまさにアセンダントしし座って感じがするなぁ。

MCは牡牛座でやはり芸術的な才能を生かした仕事で活躍するということになります。

月がそばにあり自分の気持ちや身体のことが強くテーマになりやすい。月は一般大衆でもありますのでその人たちの気持ちを強く掴みます。

ホロスコープの強烈なポイントをみてみる

蟹座山羊座の間のオポジションがビッチリ見えてきますよね。みた印象が矢が刺さっているみたいに。蟹座 家族や身近な人との共感で心を安定させてていくこと、山羊座は結果を出すことを目指して社会に実際的に役立って行くこと。この二つがどんどん過激に強くなっていくのがオポジションですね。惑星もかなりタイトなコンジャンクションで緊張し切っています。

趣味娯楽と、仲間作りでの5と11ハウス。趣味娯楽が過激な政治運動で(山羊座の反抗的天王星火星)、未来は理想の家族や国をつくるってことになるでしょうか。フリーダはメキシコ共産党に入党したこともあり、政治についても熱く考える人だったようです。

深読みするとノエル・ティル先生は「5ハウスが愛情を与え11ハウス は受け取る」という言い方をしています。

5ハウスで自分らしさの表出。この人の場合は火星天王星合ですから、神経が鋭い兵士みたいなキャラですね。天王星は距離を与えるし、火星は喧嘩腰だし、愛を与える時に非常にねじくれたやり方と読めますね・・・・。

そして受け取る時は11ハウスで太陽海王星合!かなり愛し方と違いますよね。思い切り愛して欲しい・・・という甘い期待と理想があります。ずいぶんと愛し方と愛され方が異なる様相ですね。

ハードアスペクト(課題)

太陽火星のオポジション。

心を安定させ身近な仲間と共感することを大事にしたいが身近なところだけでなく、もっと社会に押し出していこうし、自分らしさをよ り強く押し出して行く。積極的な人生。戦いの人生。

太陽天王星のオポジション。

心を安定させ身近な仲間と共感することを大事にしたいが、それをはねのけ自分のユニーク さ、独自性を出して行く。これは蟹座の人懐っこい感じをいきなり天王星が切断するような力とも言えます。いつも変化に富んだ人間関係になることが多いですね。

蟹座の太陽だと痛手が大きい気がします。このアスペクトはヤマアラシのジレンマとも言われます。好きで近づきたいのに自分の針があってみんな散っていってしまう。

ユニークでとんがった人生にはなりやすい。

海王星と火星オポジション。

夢見に熱中する。酒や薬物などへの熱中。イメージやイマジネーションへの熱狂。行動。自分の体力の限界を知らない。ヒーロー像に夢を見ている。

理想を強く感じそれをすぐに行動化する。家族や共同生活への夢の憧れを実際 に行動していく。

火星天王星コンジャンクション。

山羊座にあるので実際的な社会に役立つために改革することに熱中する。

1910年からメキシ コでは革命が起きており、彼女は大学時代から政治的な活動に熱中したほか、ロシアの革命家トロッキーがメキシコに亡命した際、家を提供したそうです。山羊 座の火星天王星は熱い革命家なんだなーと思ってしまいました。太陽海王星は安心できる家や故郷に大きな夢を持っていますしその理想にむけて、既存のものをぶっこわし!という配置です。

身近な仲間が理想の生活ができ安心 できるように、社会をラジカルに変えようとしていくがありそうです。

土星のアスペクトの多さ 自己犠牲の責任

フリーダカーロは18歳の時の大事故で、コルセットをしなくてはいけなかったようなのです。とても体に負担がかかってしまって大変だったようですね。

魚座は人々の夢やビジョンにあわせて働こうとしますが、そこに土星があることで、それを課題としています。弱い人たちを助ける。魚座って王道ではない裏の道だと思うのです。だからそういう声を上げれない人たちや動物に対しての癒しなどを与えていきたいと思う。

その土星は軽 い情報や知識のバラエティを遊ぶ、双子座の、軽く若々しい感性を制限しています。もっと弱者のことを考えよって土星が言っている気がするのです。このコルセットは土星の象徴って感じがします。魚座の土星・・・犠牲者になるみたいなことも感じてしまう。

この縛りのコルセットは金星冥王星の合にスクエアをかけます。金星は女性性でもあるので、その濃い愛情のあり方をコルセットによって動かなくさせる。金星冥王星ですから相当に濃い女性性で、双子座なのでけっこう軽くいろいろなボーイフレンドとくっついたり離れたりを繰り返しそうですが、金星の愛の喜びに対しスクエアで、喜びを抑えられてしまいます。

冥王星は闇の帝王ですが、金星とぴったりくっついているというのは、若い女性の裏側にヤクザの組長も、もれなくついてくるという形です。おっかないですよね。男性だったらあまり手を出してくないでしょう。

その闇の帝王を形にする(土星)という作業が、彼女のアートの方向なのだと思われます。苦しい感じがありますよね。彼女は自己で痛めつけられた死と直面した体を、様々に描いています。とても痛々しものです。でも彼女の絵の凄みになっていきます。

縛られた(土星)闇のある(冥王星)喜び(金星)を実感し繰り返しを持って味わって行くために、ビジョンを形にしようとした。

私生活や、体である月に60度で土星はサポートしてくれています。牡牛座月の形にしたい欲求を魚座の見えない直観やインスピレーションを使って形にしていけたのではないかと感じます。

ホロスコープまとめ

1・蟹座と山羊座のオポジション。家族や仲間のために社会を変えようとする熱い革命家。

2・濃い女性性を自ら縛ることで、その緊張から自分の芸術を表現
魚座の土星は他にアスペクトを持っていて太陽にはトライン・月にはセクスタイルと人生の基本にはサポートをしてくれています。だから彼女は事故によって人生を壊されたのですが、画家として人生をクリエイトしていけたのでしょう。

3・このチャートからはかなり「民族と家族を大事にしたい」という部分が大きく働いているチャート(蟹座山羊座の鋭い180度)だと感じます。しかし深読みで5ハウス11ハウス ノエルティル式だと愛し方が喧嘩腰だけどめっちゃ愛されたいという感じ。愛し方でいうと金星冥王星が深刻な愛で、愛情に関する「普通さ」をあまり感じられない。しかしこの極端でアンバランスな「愛」の形があったからこそ、濃い芸術作品が生み出されたのだと思います。

いろいろな芸術家のホロスコープを読んでみました

芸術家の大事なホロスコープの特徴を考える

インパクト求めて過激な表現へ 写真家のホロスコープ

濃い女性性をコルセットでとめてしまった 画家のホロスコープ

政治的活動でスジを通すチェロ奏者のホロスコープ

トランジットとソーラーアーク読み方 超絶ラッキー時期の配置 有名指揮者のホロスコープ

土下座アスペクト 歌舞伎役者ホロスコープの特徴

出生ホロスコープ読み方 はかない世界に没頭するピアニスト 

『ナイスですね!』アスペクト 出生ホロスコープの特徴

社会構造を鋭く射抜く写真家ホロスコープリーディング

タイトルとURLをコピーしました