ウェイト版 力

タロット2枚コンビネーション読みNo11 力を読む

1,タロット 力とワンド10を2枚読み

今日のタロットは「力」「ワンド10」です。

ウェイト版 力
タロットウェイト版ワンド10

「11力」はまるで、コーチと選手みたいなイメージです。がんばって目標に二人でむかっています。ワンド10は、火のエネルギ-の完成形。身体を無視してまでやっぱりがんばってしまうカード。

タロット用に結びつける3種類の動詞を創ってみました。

【friction 】葛藤する
【harmonize】調和する 調和するは穏やかな作用。高め合い協力しあいます。
【energize 】活気づける活気づけるは両方のカードのエネルギ-がパンパンに満ちているというイメージで解釈するとよいでしょう。

【energize 】活気づけるだとどうかな。

●体力増強で加圧トレーニング
●普段より負荷のある運動をする
●よそのお子さんを預かってみんなで楽しいイベントをする
●アスレチックで運動
●体力勝負の社員研修
●強化合宿
●新人研修に力を入れる
●たくさんのお客さんの施術
●努力が報われる

ということで、がんばったらがんばった分、将来よい結果が得られそう。

youtube動画での力のカード2枚読み実例

力のカードとワンドナイト2枚読み

要約:力のカードは、適切な方向に相手とか気ままな自分の中のエネルギーをうまく仕向ける。しかし逆さまなので動物を強制的に動かすか、ライオンが牙を向くかで良い状況ではない。しかしそれがあることでワンドのナイトがやってきて解決する。ワンドはすごく元気で良いやつです。乱れた関係を訂正してくれる。

うまくいかない人間関係や出来事を努力して我慢するというか引いてひいて、うまく飴と鞭を使い分けながら、対処する。逆甘くなりがちなので言いたいことをしっかり強気な姿勢が大事なポイントです。

実際あったことはこちらに・・
ttps://ameblo.jp/yumikoyoshida/entry-12425691774.html

とはいうもののあまり詳しく書いていないのですが、追記。かなり面倒臭いデザイン案件だったので、もうほんと気持ちが折れそうな感じだったのです。何度も何度も手直しがありまして・・・しかし気合をいれてまさに「戦う」という気持ちでやってどうにか発注になったという感じです。

火というワンドのエネルギーを気合入れて使う・・みたいな組み合わせになると思います。「活気づける」組み合わせだと思います。力のカードのとワンドの世界は相性が良い。同じような例を次も見てみましょう。

タロットワンド5と力逆位置2枚読み

内容要約:ワンド5は火のエネルギー5だから押し出す感じ。個々の内部にある表現エネルギーをコントロールに力がいる・・わーわーいう人たちをなだめすかしてうまくハンドルすること。元気いっぱいなので悪くはないでしょう。

実際この日にあったのは、札幌で占星術講座をしていました。

https://ameblo.jp/yumikoyoshida/entry-12355795321.html

普段はいかない場所ですしイベント的にもりあがったもののあり参加者の方のパワーを感じた日でした。少々脱線気味でタイムスけージュール押し気味でしたので少しコントロールが効きにくかったですw楽しかったからよしとします。

というわけでここでも「参加者の元気いっぱいな火」をどうハンドリングして会を進めるかという意味になっています。

ペンタクルス9逆と力のカード2枚読み

要約:ペンタ9は過剰な物質で良いものが選べない。よくに任せてお買い物をしている品のなさ。力はコントロールや野性の意識をうまく指導するような意味。手に入れたい欲望を抑える。お金物質に関する欲望のコントロール。自己規律。間違えて不良商品を買ってしまうような勢い。

実際あったことは立春前にいろいろ不要なものを処分したようです。

https://ameblo.jp/yumikoyoshida/entry-12350090494.html

重たい掃除機(ペンタ9逆ぽい!時代遅れ・体積ばかりあってかさばるもの)を処分。燃えないゴミとして捨てるのも気合がいりますよね。

あとこの日はサビはん絵本を初回注文発送してたくさん一気に発送したということもあったようです。家の中あに発送品がまとめておいてあったのを一気に郵便局送ってスッキリしたという感じでしょう。

ペンタクルス(土)を放出するための努力となりますね。めんどくさいなーという気持ちをしっかりやる気にしつける・・みたいな感じが力のカードだと思います。