toggle
2012-05-31

ペンタクルス5 マイナスな未来

ペンタクルス5は俗称「貧乏カード」とも言うようですが。みなさんはどんな印象もたれますか?

5は自分の意志をどばっと出す!という放出エネルギ−として考えると、ペンタクルスというお金エネルギ−を思い切りつかっちゃう!というのが本来の意味かもしれません。これはその悪い結果の様子を絵に描いていると思えばいいと思います。

ペンタクルスは「実際の利回り」みたいなものをいろいろな場面で考え石橋をたたいて渡ると思うのですが、これは何を間違ったか、いっきにきっと使っちゃったのでしょう。

私は投資などはまったくわからないのですけど損失を「いくらいくら溶かす」という言葉を聞いたことありませんか?燃やすでなく溶かす、水に溶けちゃうんですね。水は感情ですから、いろいろな思いや下心がお金にはやっぱりうずまいているなぁと思わせる言葉です。

このカードが出たら、経済のことでいろいろ試練があるかもしれません。

諸説ありますがこの人たちが向かうところは教会の中。きっと炊き出しかなんかに行けるんでしょう。と思いたいですね。

ただね、お金って「創る」ことを意識するとエネルギ−変わるもんだと思っていますよ。それまでは試行錯誤ですけども。実際私もそうですけども。

 

 

関連記事