toggle
2012-05-22

タロット ソード エースのはじまり

1、タロットのエースはとりあえずスタートです!

ソードの世界の始まり。剣を持って何かするっていうことは、つまり戦いに行くことほかなりませんね。

剣もってハイキングはあまり行かない。ナイフなら持つかもしれないけど。

剣を持つってことは、目的を持った「強い意志」がないと戦いに行けません。

これはビジネスでも同じでしょう。

 

 

2、ソードの例を考えてみました 例えば・・・・

*今日は気合いいれてプレゼンじゃ!ちゃんとパワポも使ってね・・・・技術を使って資料をつくって、話したり伝えたり、「剣」言葉を使って相手と交渉してくるわけですね。

今時OHP(透明シールにマジックで書いて映写機みたいなのに映し出すやつですね)とかやっちゃったら、やっぱプレゼンはそこで勝てないと思うのよ・・。

技術力もソードは象徴しています。時代にあったイノベーション(技術革新)もソードだと思うし、

また剣もしっかり修行して使える物ですから技術力を磨くことでもありますね。

 

*ディベート大会がはじまるよ〜〜!ということかもしれません。これは論理的に話すっていうことで、相手とのやりとりの中で自分の意見を通していくわけです。そして必ず勝敗があるらしいです。これもソードぽい〜〜!そう考えると、弁護や法廷などの世界にもソードは象徴的につながりますよね。

 

*将棋日本一決勝戦だよ!!ということかもしれません。知力をかけた戦いですね。ここでも「勝負!」です。そしてとても緊張もするだろうし、何十手という手を先読みする力というのも必要です。めっちゃ頭良くないとできないですね。

*ビジネスの新しい企画をはじめるよ〜〜!!というのも、ソードエースぽい〜〜!もしかしてコケた場合の最悪も考えて、注意深くスタートするというイメージです。リスクありの道であり、いうならばいばらの道なのです!でもあえて切り開くのがソードの世界。

*恋愛であれば勇気を持ってアプローチする・・!というのもありだと思いますよ。ただねぇ・・・・ソードだと、愛より何か裏がある恋愛って感じがするけどね。

*厳しい決断を決める!・・・というのは、例えばあなたが小さい会社で社長をやっていて、よく顔を知っている人を評価しないといけない立場だとしましょう。そしてその会社はリストラをしなくてはいけなくて、さぁだれにやめてもらうか??みたいなときに決断をするような時です。

非情な掟に従うのがソードの世界です。あまったれではいかんわけですね。

 

3、タロット小アルカナソードのエースのまとめ

強い意志を持った行動をはじめる。というイメージをベースに持っておきましょう〜〜!そしてその結果がかならず勝ち負けがあるということもイメージしておきましょう。こういう新しい切り開きエネルギーがあるから、人間は発展していこうとするのです。

 

 

 

関連記事