タロット教皇の意味

教皇を絵で理解する

9分割の惑星対応
9分割の惑星対応

二本の柱に囲まれて

教皇はキリスト教での1番えらい人ですよね。バチカン市国にいらっしゃいます。宗教界の権威です。みんな恭しく扱います。

タロットの絵には二本の石の柱があります。柱は屋根を支えますから、倒れたらこの世界は壊れてしまう。だから強くてしっかりしています。世の中の根底にあるルールです。

女教皇に似ていますが、柱は「石」という現実のモノになっています。彼は伝統と決まりごとの世界の王者です。その柱の中にいればトップにいることができます。

鍵の意味

wikiより
現在のバチカン市国の旗です。鍵と教皇の冠なのですね〜〜!

またこの鍵の意味は

交差した金と銀の鍵は、ペトロに約束された天の国の鍵と、縛ったり解いたりする権限を象徴する[1]

wikiより

こちらのサイトでは

法王の冠と共に紋章に描かれている金銀の鍵はペテロの鍵と呼ばれ、イエスが弟子ペテロに言った言葉「あなたに天の国の鍵を授ける」に由来し、霊界と俗界の支配権を象徴するもの

https://www.sarago.co.jp/nfhtm/va.html

ということだそうです。天国へ行ける門の鍵です。

教皇は見えない霊界も支配しようとしているのですね。死後の世界とも言えるでしょう。

その鍵が月というホーム・欲求にあります。全ての世界の支配したいという欲求が土台になっています。

信者が二人左右下に配置

下側は土台なので、下々の修道僧あるいは信者によってお神輿に担がれている絵なのではないかと感じます。彼らがいなければ教皇もいここに存在することはできません。

左下は水星=考え方・コミュニケーション・知性の場所。右下は金星=価値観・喜び・お金・贅沢・平和の場所。

信者=「信じる」ことは価値であり学びであると言えるでしょう。

赤い服はやる気の象徴か

教皇は赤い衣装を着ていますので象徴的には「行動的で積極性がある」と解釈できるでしょう。

彼のルールは全世界を支配し、そのルールに則らない人たちは火あぶりになるようなそんな時代がヨーロッパではありました。

クリスチャンの国でない日本人はあまりピンとこないものではないかと思います。私もクリスチャンではないので、本当の意味の凄さはわからないと思っている。

ただ私はバチカン市国へ行った時に、サン・ピエトロ広場を前にして「この広場埋まるぐらい、法王のお話には人集まるのか〜〜!!とスケールを見てびっくりしたことがあります。大昔から・・・・人を集めるこの仕組み・・いったいなんなんでしょうね・・・。

そして現在のローマ法王と中世の法王とは性格的に違うものだと思います。

私が持っている本に「中世職人づくし」という版画本があるのですが、中世の様々な職業が版画と詩とともに載っています。料理人から、仕立屋、紙すき、音楽家・・・・・その中で最初のページには「教皇」がのっているんですねぇ!!!

そしてそれぞれの職業の詩もあるんですが、教皇のには「異教徒をぶっつぶす!」みたいな過激なことが書いてあって、当時のキリスト教の絶対的な支配力を見せつけていると思います。

教皇
この世のありとあらゆる
心をにぎるのがこのわしじゃ
地上には 異端・異教がむらだち
これらすべてを いたるところで
聖なる神のことばをもって
力のかぎり根だやすのが わしじゃ
かくてキリスト教世界すみずみまで
信仰一致の平和がつづく

まぁ魔女裁判とかね・・・。あったらしいですからね。

でもこの宗教があって「生き方の規範」みたいなものができるあわけですから教皇は「社会のモラル」とも言います。より人間らしく良く生きるための規範です。表側の生き方・・みたいなこともありそうですね。

またこの規範を自分自身が信じていないと「これいいよ!」って広められませんから、「信念」という意味もでてくるでしょう。

宗教とは洗脳でもある

宗教は生き方の価値観をつくりますが、言い方変えると洗脳するという意味ですね。また洗脳は教育の違った言い方とも言えます。

現代を生きる我々は少なからず洗脳を受けています。洗脳されないとこの社会で生きることも大変になってきますから、すべてが悪ではないわけですが・・

これが怖いのは「自分と違う価値観は叩きのめせ」っていう考えになりやすいこと。

そして自分の刷り込まれた価値観が、透明な枠すぎて、それがあることすらわかりにくくなることです。

誰に刷り込まれたか、どんなものを知らずにかぶっているのか、ということに気づくことは大事な気がする。


現在は宗教だけでなく様々なところに洗脳の機能がある

教皇は「見えない世界を支配する」ことでした。現在では「自己啓発セミナー」という名前に変えてカリスマ的な教祖がいてそこに集まる人たちがたくさんいます。洗脳みたいな感じでハマる人はハマる。

みんな力が欲しい。できるなら簡単に力が欲しい。だから強い人に憧れる。強い人ならすぐその力を与えてくれる気がするから。

セミナーの値段がピンからキリまであります。高すぎたりすると、批判をしている人もいるけど、ぶっちゃけそれらは「お布施」なんじゃないかなと思うのです。

それは宗教みたいなもの。その人の信じる世界。だからそれに文句を言ってもしょうがないのかな・・と思う。ただそれによって悪徳宗教のように周囲の人に迷惑をかけ始はじめたら、さすがに考えようねって思いますね。

洗脳は教育でもある。これは戦前の日本の教育を見ればわかるでしょう。みんなお国のために・・という洗脳をさせられた。

あるいはマルチ商法のような世界も洗脳に近いことをするのではないかなと感じます。

洗脳の手口は色々ありますが、人は簡単に洗脳される。今はスマホもみんな持ってるし知らず知らずにスマホ情報から洗脳されているかもしれません。

教皇のメッセージ

社会のルールを守れ
後ろ指指されない真っ当な生き方をしなさい
神を信じなさい
よき信仰
自分より大いなるものを信じなさい
服従しなさい
強気に発信せよ
信念を明らかにしなさい
自分の信じることを世の中に出しなさい
幸せを願いなさい
教えを受け取りなさい
年長者の言うことをきけ
権威を信じなさい
よき教育を受ける
よき師匠に出会う
自分が何かを教えなさい
集団を良い意味で煽る
教えによって生き方がよく変わる


教皇逆位置のメッセージ

社会を脅かす出来事
(一般的にニュースになるような悪いこと)
ルールを逸脱している
古い権威は通用しない
崩れた生き方をしている
良い信仰心が失われる
間違った宗教活動
間違った洗脳をしている あるいはされている
よくない教育
弱気なアピール
集団を悪い意味で煽る
服従させる