タロット力 意味と読み方 

私はマルセイユ版で順番を考えています。だからこれは11番めと考えています。

絵では女性がライオンをてなづけています。左上天王星エリアの8の字からエネルギーが女性に入っている。8の字は魔術師にもありました。

無限大のパワーの象徴です。

私は太極拳やってるんですけど、左右に重心を変える時とか全部上から見て8の字の円形に動かすんです。

1番パワーが出て自然な動き・・それが8の字。永遠の循環。気のエネルギーがよく回っている様子なのかもしれません。

ライオンは本能や潜在意識の象徴です。何をするかわからないけど力はあって、人間を食いちぎることもできる。潜在意識は動物に例えるとわかりやすい。なるほど・・って思ったのが騎手の武豊さんの言葉なんだけど、レースの時に「馬はなぜ今走っているのかわからないしどれぐらい走るかも全然わかっていない。そんな馬のやる気を出すのが騎手だ」って言ってたんですね。この馬を潜在意識に変えるとわかりやすいんじゃないでしょうか?

さてこの絵は男性でなく女性が描かれていて、お花のベルトなんかもありますね。

女性ということは女性性が大事だということでしょう。力という名前がカードの名前だけど、力づくでのコントロールではない。安心安全ということを教え込み、敵ではないということも教える。

運動のコーチと選手

時に厳しく時に優しい・・・・このバランスがコーチには必要。コーチはライオンを時に厳しく、やる気が出て本番で最高の力を発揮できるように忍耐強く導きます。

何と言っても「忍耐力」って大事だと思うのです。だって自分は何十年もやってきて当たり前になっていることを全く初めての人に教えるのですからね・・。

また自分もその技術を取得するのに試行錯誤して「伝えることができる」力も大事ですよね。

私はピアニストの辻井伸行さんが子供の頃習っていたという川上先生が力のカードだなぁと思うことが多いです。

辻井さんは12年川上先生に教わったそうなのですが、楽譜が読めない辻井さんに根気強く曲を教えていったのはすごいことだと思います。もちろん辻井さんのお母様もそういう力があったとも思いますね。

タロット 力の意味は

誰かと同じ目標に向かって進んでいくというのがメインの意味だと思います。やってくる災難を一緒にクリアし立ち向かっていくパートナーということです。

自分が女性の立場であれば、忍耐力も必要でしょう。何度もなんども繰り返して染み込ませていく。コントロールしすぎてライオンを殺してもなりません。ライオンにバカにされても困る。

職場で役職について人を教育するような立場や、先生のイメージもありますね。

よき教師は人間が好きでないと勤まらないですね。相手が成長する豊かさや喜びを最大に味わいたいカードだと思います。

力のメッセージ

・相手の良さを引き出す
・二人あるいは複数で結果を求め努力する
・よきコーチとの出会い
・よき教師や上司と頑張れる
・人を信じトレーニングする
・試行錯誤しながら勝利に導く
・諦めず努力し続ける

力の逆のメッセージ

・しつけが厳しすぎる
・可能性の芽を摘んでしまう
・子供に積極的関心を持ていていない
・学級崩壊している
・混乱を粛清できない
・弱気になりすぎている
・武道で負ける
・やる気が出ない
・指導力がない監督
・力みすぎている