タロット講座 魔術師のメッセージと 読み方

魔術師を絵で理解する

タロットウェイト版魔術師
タロットウェイト版魔術師

この絵の配置を絵画リーディングの手法で読んでいきましょう。

9分割の惑星対応
9分割の惑星対応

このカードはほとんど全て左寄りですよね・・・・。左側は自分の個性や内面を大事にする方。あまり他人の側(右側)はあまり気にしていません。

魔術師は左上にバトンを持つ

左上はオリジナリティの天王星のエリア。ということはこのカードは自分だけのユニークさを求めているのです。愚者はまだ顔だけ向けていましたが、これはバトン(意志)を持ってそこに向かうことをテーマにしている。バトンは魔法の杖でもあります。

自分自身の個性に魔法をかける・・・というか誰でもない自分に気づくってことなのだと思うのですがね。

左真ん中火星の気合を感じるところに
道具の机

左真ん中は行動と戦いの火星の位置。そこに魔術師の4つの道具が置いてあります。やる気満々!!!このツールがあるから俺は戦える!みたいな感じです。彼自身も赤いマントを着ていますからとてもパワフルでやる気に満ちている。ペンタクルが最も火星の位置ですかね、そしてカップ。土と水で「現実化」を彼は本当に望んでいます。

指先は木星拡大発展領域を指している

彼のもう一方の手の指は、拡大発展する場所を指差しています。まだ空白で何もないけれどここにこれからユニークな現実を生み出すと宣言をしています。

最近の願望実現は「波動」ということをよくいいますね。私も最近その仕組みがようやくわかってきましたが「最初に幸せになる」っていうことなんですよね。感情をある一定の時間味わってそれを手放す・・・これを本当にやるだけで願いがどんどん叶い始めたのですが、やはりその「先に宣言する」「先に波動を出す」が大事なのだと思います。

ですから何かスタートしたかったら「そこへ向かう」と決めること。叶った後の波動になり浸ること。と最近は本当に思っています。

ちょっと話がずれましたが確実にあなたの意思はそれを意識するともう現実化が「始まっている」という意味にもなると思います。

手前のバラと百合・・・

赤いバラと白いゆりは女性性と男性性とも言われています。赤と白は神秘学では大事な色ですね。

手前のバラと百合、ある本には剪定してある庭と書いてあったのですが、私的には絡まり合ってあまり綺麗とは言えないのではないかしら・・って思っています。だからまだ混乱はしている。しかし上側には薔薇がアーチのようなものに沿っていますから手が加わっているように感じます。理想はそのエネルギーをコントロールする。しかしまだ全ては綺麗にコントロールはされていないと思います。でも彼はその中で自信を持って始めようとしています。若々しさゆえの危なっかしさも感じますね。

魔術師のメッセージ

とにかくスタートしろ
自信持ってやれ
自分のツールに自信を持て
コミュニケーションがうまくいく
セールスが良い結果
すぐ連絡くる
待ち人すぐくる
積極的に会話に入れ
たくさんの人と話せ
希望の始まり
新しい人生のスタート
元気に進める
やる気になれ
願望が実る
本当の引き寄せのやり方がわかる
波動を整えてことに臨め
大衆を扇動できる
人を魅了する力 話術

魔術師逆のメッセージ

警告として

スタートできない(なぜなのか他のカードを展開すること)
始めるのに時間がかかる
曖昧なコミュニケーション言った言わないでの揉め事
コミュニケーションでの焦りがある
返信がこない
連絡がつかない
セールスに騙されるな
うまい話に騙されるな
問題解決に時間がかかる
ひとまず落ち着く
神経が高ぶっている
その場しのぎではうまくいかない
自信過剰に注意
自分のツールを再確認
自分のスタート立ち位置が間違っている(波動が整っていない)
大雑把に考えすぎ
神経質になりすぎ
高慢になりすぎ
周囲にウケないことを続けすぎ


タロット魔術師みたいな恋愛運だったら??

さてこのカードがでたら「恋愛どうですか」の質問だと、どうなるでしょうか?

1はとにかく始まりなのでまずはざっくりスタート!と思いましょう!

◆魔術師はおしゃべりです。

彼からの連絡で何かおつきあい始まりそう!

◆魔術師は魔法を使う、魔法使いは強い意志を使うことなんです。あなたの意志が恋の成就の決めてです。もうひとふんばり!

◆魔術師は手品やってる器用な男

恋愛テクがかなりかと思われる相手かも。

◆魔術師はなんとなくPRとか広報とかのイメージもあり

彼は誰にでも自分の彼女をみせたい人みたい。

◆魔術師は他のところを見ています。

もしかしたら浮気ぐせのある男かもしれません。いつも落ち着かないかもしれません。

魔術師で思い出す絵

プリンセス天功とかマリックとかセロも忘れちゃいけない。みんな魔術師に魔法をかけられたいがために、見に行くのです。この絵のように。

ヒエロニムス・ボッシュ イカサマ師

諸説あるようですが、ヒエロニムス・ボッシュの絵です。私はボッシュ大好きです。「いかさま師」という題です。

魔術師=いかさま師と思うと、これはタロットの正位置、と逆位置みたいですね。一つの事象を片側から眺めると、それは「良い」ことになり片側から眺めると「悪い」ことになる、タロットはその揺れ動く事象を、いま現在の、お客様の状況にあわせてどちらに立ってみるか、判断していくことなのかなと思います。

右側の魔術師、ちゃんと机の上でマジックしています。でもこの魔術師ってなんだかちょっとおとぼけ気味ですね。お客さんの反応はどうだったのかしら。ぼけーっとしてる。1番手前の人だけがものすごい驚いて見つめています。
魔術師とひとくくりでいうけれど、魔術師を自分でやるとしたら、どんな魔術師か想像してみるの面白いですよ。

タロット22枚は自分の分身でありますからね!

まずタロットの魔術師または手品師と呼ぶ人もいますね。・・・を実際の人物にあてはめてみましょう。

もうこれは手品師列伝ですね。

私が尊敬してやまないプリンセス天功・・・ぶっ飛び具合とプロ意識が大好きでございます。

プリンセス天功は「イリュージョニスト」と言っていますけど、そこに深いタロット魔術師の意味があるようなないような・・。

イリュージョン=幻想・・・

魔術師のままだったら、幻想のままなのかもしれません。それをこれからタロットの22枚の道のりで現実化していく流れではないかとも思うのです。

あと魔術は人をひきつける魅力がないとダメですね。みんな手品みないもんね・・・。

0:タロット講座 愚者のメッセージと読み方

2:タロット講座 女教皇のメッセージと読み方

3:タロット講座 女帝のメッセージと読み方

4:タロット講座 皇帝のメッセージと読み方

5:タロット講座 教皇のメッセージと読み方

6:タロット講座 恋人たちのメッセージと読み方

7:タロット講座 戦車のメッセージと読み方

8:タロット講座正義のメッセージと読み方

9:タロット講座 隠者のメッセージと読み方

10:タロット講座 運命の輪のメッセージと読み方

11:タロット講座 力のメッセージと読み方

12:タロット講座 吊られた男のメッセージと読み方

13:タロット講座 死神のメッセージと読み方

14:タロット講座 節制のメッセージと読み方

15:タロット講座 悪魔のメッセージと読み方

16:タロット講座 タワーのメッセージと読み方

17:タロット講座 星のメッセージと読み方

18:タロット講座 月のメッセージと読み方

19:タロット太陽のメッセージと読み方

20:タロット講座 審判のメッセージと読み方

21:タロット講座 世界のメッセージと読み方